秋映 — Reol

低速で泳ぐ雲を眺めた
伸びていく影に息をとめた
鼓動の横を移ろう季節は

いつも秋の色
容易く過ぎぬは日々の表情(かお)
風に吹かれ歩けなくても
あなたを浮かべ 虹彩の裏
秋映に染まる

悲しみと苦みが尽きぬ夜は
あなたのこと思い出し越えよう
あなたが守る大切なものを

僕も守りたい

変わらぬ言葉を何度でも
雨にうたれ立ち止まっても
あなたを浮かべ 虹彩の裏
秋映に染まる

あなたと交わす おかえりが
秋映に染める