幽居のワルツ — Reol

飽きるほどにおなじさ
果てまで愛させてよ
かけがえない暮らしを
君としていたい

繰り返す春と夏
君と迎える新しい季節
洗いざらした服を纏った君が愛おしい

ラララ

欠けた茶碗いっぱいに
君の姿を映し出す

嗚呼、

神様仏様どうか彼女をこれ以上
僕から攫っていかないでください

初めましてお名前は?
どんな空がお好きなの?
庭先咲く ノウゼンカズラの色が綺麗ね

どこでお会いしたかしら
ごめんなさい 覚えていないの
なんだかあなたがとても悲しそうに見えるわ

暮れていく秋と冬
僕は味わう純潔の季節
横に笑う眼差しは妙に懐かしい

ラララ

満ちてそっと欺かれ
僕の姿を盗み出す

嗚呼、

聞こえているのならばどうか
僕の中から君を奪ってしまわないで

喪失していく ついさっきもそう
穏やかだよ 麗し

飽きるほど繰り返そう
果てまで愛させてよ
かけがえない最後も
君と過ごしたい

何度でも春と夏
君が迎える新しい

暮れていく秋と冬
僕ら味わう純潔の季節

横に笑う眼差しはひどく愛おしい

ラララ

欠けた茶碗いっぱいに
満ちてそっと欺かれ
君の姿を映し出す
僕の姿を盗み出す

嗚呼、

神様仏様どうか彼女をこれ以上

嗚呼、

僕の中の君を

さぁ鮮やかにカデンツ
二人によく似合いのワルツを