ハーメルン – Reol

遊泳禁止の貼り紙をスルー
朝の灯りを持ち出す
僕は寝間着のままのシスター
口約束でも裏切らない

十と数分の間に象った信用のせい
痛みは割に合わない 僕は忙しい
あと二度だけ転生 伝統よなんて美しい
君と僕とは合わない 僕が正しい、なあ

誘う、何も知らない君を連れて
揺蕩う、あの街へは戻れない
乗り込んだあしどりは一通(ワンウェイ)
かまわないと笑う冥王星
ひいていく波のまにまに
今ハーメルンの音がしたんだ

冬の桜は散って もう何も言わないで
皮膚を伝う感覚がなくなっていく
頭だけが冴えきっている
賢い僕には手にとるようにわかるのさ

したり顔で即席 よからぬ賞賛のせい
睨まれても治らない 僕は忙しいんだ
後悔じゃ足しにならない 洗脳よなんて愚かしい
君と僕とは合わない 僕が正しい

誘う、何も知らない君を連れて
揺蕩う、あの街へは戻れない
乗り込んだあしどりは一通(ワンウェイ)
どうしてと縋る天王星
ひいていく夜のまにまに
今ハーメルンの音がしたんだ

音がしたから

コメントを残す