君は僕に優しくしてしまう癖があって優しい嘘をついてしまう癖があってでも もう そんなことしなくていいんだよ 君との夜はまるでネバーランド薄汚い世界で 街で僕の少年が呼び起こされる夢の中で 幸せな温もりを感じるんだ 東京という街で生きる黒い大人たちの中で生きる西にいる君の顔をふと思い出して僕たちは一瞬だけ子供に戻れるから 君との夜はまるでネバーランド薄汚い世界で 街で僕の少年が呼び起こされる夢の中で 幸せ
夢で会った 君の顔は すごく哀しそうで手を離せば 消えてゆきそうな感じだね Ahh… Ahh… 歌うことを 辞めないでよ とても寂しくなるよ僕は君に何をしてあげられる?僕は君に何をしてあげられるの? What was that again?(何だっけ もう一度教えてよ)What was that again?(もう一度話そうよ。)What was that again? 夢で会った 君の顔は すごく哀
「出し惜しみ」の人生に何の意味があるの今の私なんて何をしてもカッコ悪いからそれならば いっそ突き抜けてとびっきりかっこいいことをしてしまえばやってしまえば いいんじゃない? 溢れ出してしまいたい 今すぐに溢れ出してしまいたい 今すぐに反骨精神 取り乱して上で待ってる あの人のところへ Re:minD Re:minDRe:minD Re:minDRe:minD Re:minDhoo. hoo. 愛し愛されて痛かっ
Move up to the next stageMove up to the next stageMove forwardMove forwardl’ll get