ヤングクリーチャーズ — redballoon

風切る音は ふぞろいなシンフォニー 時間(とき)に飛び乗って
自転車 うなれ 回転数をあげて 焦げつくアスファルト

市営グラウンドの脇道を抜けて 今 キミのことを迎えに行くんだよ
きっと見つける 鍵は見つかる 思い扉を 押し開けよう

純粋な発想で未来へブッ飛んでも
大体において虚しくなるだけ
叶わないけれど 敵わないと思いたくない
どうしたって悲しい事件は待っていて
どうしたって傷ついてしまうんだろう
でも大丈夫 ボクがキミの夢を知ってる

いつしか錆びた チェーンが外れたら きっと直してみせよう

有料道路の橋をカッ飛ばして 今 夕闇へとボクらは溶けるんだよ
面倒なことも 輝くぐらい 真っ逆さまに 走ろう

この瞳(め)に映るキミはどうだい?
まだひとりぼっちに見えるかい?
怪物みたいな現実の渦に
けしてキミを飲み込ませないさ

純粋な発想で未来 描いてみても
大体において虚しくなるだけ
叶わないけれど 敵わないとは思いたくない
どうしたって悲しい事件は待っていて
どうしたって傷ついてしまう
それでもボクらは進むんだ
されでもボクらは笑うんだ
誰よりもキミの夢を知ってる