風切る音は ふぞろいなシンフォニー 時間(とき)に飛び乗って自転車 うなれ 回転数をあげて 焦げつくアスファルト市営グラウンドの脇道を抜けて 今 キミのことを迎えに行くんだよきっと見つける 鍵は見つかる 思い扉を 押し開けよう純粋な発想で未来へブッ飛んでも大体において虚しくなるだけ叶わないけれど 敵わないと思いたくないどうしたって悲しい事件は待っていてどうしたって傷ついてしまうんだろうでも大丈夫 
毎日が遠く遠く 複雑に絡み合って溢れる人の渦の中で問いかけた放射線状に いっせいに進み出した遅れた僕はどこへ向かえばいいのかな忘れたふりで 突き放しても覚えてる思い出の痛みが鍵をかけてた心の扉少しずつ開きだす時は風のように過ぎるけど 迷いながら揺るぎない一つの証を探していたいよ誰もがそれを笑おうとしても 関係ないさ土砂降りの雨を駆け抜け泣きながら歩いて行こう繰り返す日々に何の意味があるというのだろ
「じゃあまたね」改札を抜けて僕の後ろ姿に君は手をふってる振り返らず背中で答えたいつもとは違うサヨナラのサイン遠く離れても大丈夫だって言った去年の春がまるで嘘の様すれ違う日々が 少しずつ2人の恋の火を涙で消してった忘れはしないよ 君の声と最後のさよならを君と過ごした想い出を抱いて歩いてゆくホームへと続く階段で無意識に君をまだ探してる滑り込むメトロ行き先はあの日の僕ら喜び重ねた日々へ胸の片隅に浮かび消
赤い傘の似合う君と出会い どれくらいだろう今にも泣き出しそうな空に向かい君が口ずさむ忘れそうなほどの出会い 特別なものじゃなかったけれどいつの間にかこの恋も今じゃ奇蹟の物語一秒さえも途切れる事なく変わらぬ愛を誓うよ一人じゃないこれからは共に歩こう六月のこの雨は守ってくれる側にいてほしい 果てしない時間手を取り合って二人で…君だけと夕暮れの海に頬を染めた君が 輝いていた肩寄せ触れるかすかな温もり言葉
空は不機嫌な色の 雲をかき集め 雨を待つグランドでは野球部が次の大会に向けて球を打ついつも向かうコンビニで片思いの彼女の姿すれ違った時 長い髪が 風に吹かれ乱れたみんな 青春 無我夢中泣いたり笑ったりただしたいだけどんな将来がってるの?僕や あなたに・・路地を抜ける自転車の チェーンがはずれて 空回り相変わらず 上がるスピードを 押さえきれないで 大騒ぎだけど 胸の情熱よ いつまでも このままでい
来週から決まった就職先住み慣れた この街を後にする六畳半いっぱいの思い出まとめ見つけたハードカバーの卒業アルバム隙間なく書かれた 寄せ書きのページと少しだけ はにかんだ笑顔の君の写真窓から差し込んだ オレンジの日差しが優しく優しく僕を満たす心に焼き付いた君が今も僕に笑顔くれるもう一度だけ目の前で姿見せて幼い笑顔のままでアルバムを閉じて向かった場所はデコボコの砂利道の通学路今ではその面影さえなくして
君と歩いた放課後の 風に乾いたグランドがかげろうに揺れた二人はしゃいでいるだけで 夢に描いたその場所が見つかると思った胸の地図はどれだけ 広げられているのかな手立てなく仕方なく 見過ごしている場合じゃないサンセット・スーパーノヴァ探しに行こう 無限に広がるユニヴァース理想高く掲げて行こう 手あかに汚れたユニヴァースいつも見ていた茜空 ふいに仰いだあの星が眩しくてかすんだ君が見ていた哀しみの 意味に
首都高速 高架下並んで歩く僕と彼女に割り込む 嫌なクラクション修復のタイミング逃しましな事言えないまま 目の前シグナル点滅互いに 強がってすり切れたままの想いを…抱きしめたはずが 傷つけた事さえ気づかない胸の中 ぶつける感情制御できず空回り ただ虚しくて…溢れ返す交差点 青に変わって僕達の関係を映す『ブルー』人ごみの中 思うように歩けずに離れてく君との距離 感じて君の背中 人ごみの中で遠く揺れてる
手に入れたモノ どれでもせんぶ 惜しみなく差し出そう何よりも 大切な キミの一部になるなら戻れないよ 今さら ほら 大キライにはなれない夏の間 熱く積もった 高気圧な想いボクの前で泣いてみせて ボクの前で笑ってみせて伝えたい でも うまく言えない MY WISH放課後の渡り廊下で キミとふたり夕陽が 気まぐれにオレンジくだらない話は 腐るほど ラクにやってるのにマジメぶった話の時だって メールなら
バス停に続いた坂道 いつも草木が揺られていたよ二度と戻れない想いで 僕ら昨日を紡いでく夏と冬の間に 君と夢を語ったり街の音もかすかに 夜はただ過ぎるよ瞬きする間で 手を取る暇などないけど…連れていこうさあ僕ら季節の旅人さ めぐる光追いかけ誰も知らない 桟橋渡るよそういつか描いた自画像に 今の絵の具重ねてこぼれ落ちそうな 正夢を探す今は帰れないあの頃 ずっと終わらない気がしてたようろこ雲の夕焼け さ
吹き抜ける風の強さのせいで 雨に濡れた手 自然に乾いてた窓越しに見える水たまりは 置いてきぼりさ 静かな忘れ物泥まみれの石 蹴飛ばして 遠回りして帰ろうか戸惑いを 愛しさを 身の丈と引き換えに詰め込んだ想い そのままでさぁ 果てしなく続く迷路の途中で僕らは 何を選んで 出口へ向かうだろうそう 輝ける未来 明日の為に僕らは 誰と出会って いくつ手にするだろう答えなんて もうどうだっていい移りゆく時の
友よ 君は変わらずに 元気にやっているのかい?食堂のテレビで 嫌なニュース流れたよ目をそむけたくなる事 胸を痛めるべき事出て来た定食を食べ始めたら忘れたみんな我がままな 現実の中で愛とか希望を語り尽くし繰り返す 深い闇それでも探そう 信じ合う 強い絆 熱い想い繋がる僕らの過去と未来が 途切れぬように愛された記憶 それをただあなたに伝える・・父よ 僕と同じ頃 どんな事を思ったの?時代の荒波が 迷う事
キャンセルしてくれた友達に感謝誘われたドライヴは人数合わせ気分が乗らないままワゴンに乗って仲間と待ち合わせの場所に一番乗りでもそこで現れた ショートボブの似合う君心の中 一粒のラズベリーが甘酸っぱくはじけたah ドラマチック ココロおどらせる経験だんだん身体騒ぎ出す yes はみ出せ!ah トキメキ 無限のループに乗って出会った瞬間 急展開助手席の仲間の会話も聞かず僕は彼女の声に耳を傾けてルームミ
咲いて散る方がいいまだまだこのままじゃ諦めがつけられないさすらいのランナーよまだまだ走れるさ駆け抜けろペース上げて陽炎で揺れてるメインスタジアムのスタートライン時が止まるざわつくスタンドもまとわりつく汗もそのままに合図を待ってる空に一発 打ち込む弾丸 蹴り上げて進めコンマ何秒 出遅れたスタート勝負でちょっと焦ってる咲いて散る方がいいまだまだこのままじゃ諦めがつけられないさすらいのランナーよまだまだ
一瞬の鮮やかな ときめきが舞い降りる愛しさが 苦しくて 胸が切ないよ なんでだろう?すれ違う時はまるで 世界が止まってしまったかのようさ「また明日、じゃあね」なんて普通のふり 精一杯さ「好きなんだ」と言えず 何度も心を飲んだ君と僕の間に 届きそうで届かぬ 想いが溢れて曇り空 気がつけば 降り出した白い雪振り返り さりげなく見送る 後ろ姿一瞬の鮮やかな ときめきが舞い降りる愛しさが 苦しくて 胸が切
目覚めよ自分よ 抱けよ大志を 擦り切れた心 潤す力を光の速さで駆け抜ける景色朝焼けが今日を染めてく そのスピードで流れ流れ僕は不必要に燃やして 転がる浮き沈み 惰性に身を任せて数えられない 石ころの様さ我ら思い出せない 昨日の夢から覚めない磨けよ己を 抱けよ大志を すれすれの所飛行する快感を忘れるもんか人生この道 長く果てしなく 進めよこの時足元の石ころは 蹴り飛ばせよなんてFLY FLY !笑い
白い光の中に 山並みは萌えて遙かな空の 果てまでも 君は飛び立つ限りなく青い 空に心ふるわせ自由をかける鳥よ 振り返ることもせず勇気を翼にこめて 希望の風に乗りこの広い大空に 夢を託して懐かしい友の声 ふとよみがえる意味もない いさかいに 泣いたあの時心通ったうれしさに 抱き合った日よみんな過ぎたけれど 思い出強く抱いて勇気を翼にこめて 希望の風に乗りこの広い大空に 夢を託して今 別れの時 飛び立
いつまでもこの部屋で 単純な日々を抜けれずにいるけど進め! 1.2.3突然吹いた向かい風が 僕らの距離を少しずつ離すけど進め! 1.2.3スターライト 君となら 何処へでも飛んでいけるスターライト 望むなら 僕の心臓砕いてよ抱きしめた 君と心の隙間 剥がれだす 全てが突然の 優しさが 小さな君を粉々にした3分間で終わるストーリー この距離を変えずに僕は狂うけど進め! 1.2.3突然吹いた向かい風が
気まぐれな日々にサヨナラを つまずく日々にサヨナラを泣きながら歩いてた昨日にありがとう玄関で見送るいつもの優しさに背中で返事したセメントで固めたカチカチの僕の心 毎日水をくれたahどうかこの気持ち消えないで神様お願い願いを叶えて明日も僕の隣で笑うあなたはいつでも僕に差し込んでる光言い出すと崩れそうな言葉が身体駆け巡る『ありがとう ありがとう いつもありがとう』転んでもいつか消える小さな痣と違う癒え
『夢の先』行きの新快速は満席でやむを得ず次の各駅待つ順番にドアが開いたら我先狙う限られたスペースwar興味はない僕は僕の立ち席でも満足している座ってちゃ見えない景色を見たい指定席なんていらないぜ遠回りこそが理想への近道列車はただ加速してく優先席を我がもので座るサラリーマン誰かの事も考える余裕もない周り見渡せばホント様々な人がいるんだなそこから得るメッセージ逃さず成長していきたい望んだ乗車券もって生
ただひと言が まだ見つからずでも君の目を見つめて‥付き合いはじめたあの頃と 違ってきている電話の会話のDistanceそれぞれ慌てて 朝食などとる暇はなく大人になってゆく希望のほころびに 敢えて目をそむけ一日が過ぎ自分の事だけを 追いかけるだけ精一杯会えない日々を埋める二人が探す将来の言葉ああ、いつもなら冗談で 話 誤摩化しているのに今夜はやけに僕の胸 痛い果てしなく続いてく 僕らのレースの行方ゴ
拝啓、僕は相変わらずな日々を過ごしながら今日は晴れた優しい久しぶり offのsunday morning元気でいるか?今は遠い空の下今朝、僕の街には七色の虹がかかった『離れて暮らしてもたまには会えるから』旅立ち見送る季節だけが僕ら追い越してくあなたの言葉さえ忘れてる髪も指も声も忘れてくさっきいれたコーヒーは冷めてしまっている何かの暗示 ほろ苦い後味でパジャマのままで既に時計は重なり12を指している
これが本当に望んだ俺のMYLIFE? 単身赴任安いウィ-クリーで携帯の着信に殴られ 逃げる様に目覚めるeveryday散らかった部屋を見渡せば 期限切れ愛とか夢とか不燃可燃に関わらず散らかってそのまま…描いた理想像とどこか違ってる 自覚する暇もないまま駆け抜けてく現在 過去を撫でる様に大切にしてやり過ごしている夢を叶えたつもり哀れな一人芝居のロックスター満たされないまま それで上昇志向求めてまあそ
ガラス越しに 街を急ぐ 君の姿不意をついた この出会いは 戸惑いのSTORY前よりも大人びてる 服を身につけ突然の夕立を 避けるように 歩いてたあれからは何が変わった? 忘れたはずの痛みだけ急に蘇る雨上がり雲が日差しを 真夏の手前にまたこぼしたそれなのに心は土砂降り二年前の 同じ街で 僕らは出会ったあの時の 恋にはもう 戻れはしない傷つけて 君がこぼした涙を 拭えずあの時の夢は壊れた 二人で見てた
「波音」君がいない過ぎ去った日々はしおりで閉じ忘れた 小説みたい歩み出せずに 立ち止まる景色朝見上げてた空の青に似ていない近すぎて見えなくなるのかな些細な心のすれ違いばかり今こんなに君を想ってもここにいない もう会えないの潮風よ涙まで吹き飛ばしておくれ出来るなら時間を戻して闇を裂く光よ 二人だけ照らして恋と愛のその先まで君と離れて 新しい恋して感じた違和感で浮び出す景色波の音 繰り返した言葉夜の星
振り向けばいつの日も あの日の僕がいて傷ついた記憶の中で眠れない夜をいくつ数え 俯いてきただろう震える明日に耳を塞ぎ 膝を抱いた人の群れに流れ 削られてくメロディー壊れそうで すぐに抱き寄せてしゃがみこんだ僕を包囲してゆく闇を吹き飛ばして振り向けばいつの日も あの日の僕がいて傷ついた記憶の中で まだ続くこの旅路掌に刻まれた 涙の道しるべ背伸びして繰り返す 今抜け出して輝きを放てどれだけの声 僕の側
姿は見せない 鮮やかな手さばきで今日も何を拝借するの?黒いマントに身を包み けっして正体を見せない君は辛い時に笑う そんな風に気持ち隠し続けたらいつか本当の自分忘れていくよ微笑みを忘れたなら すぐに笑ってあげるよ温もりが欲しいならば すぐに抱きしめてあげよう仮面捨てて美しい涙を見せて自分の事を好きになれないままで誰を愛せるというの?虚しさを抱えてジャンプしても届かない明日なら今全てのプライド投げ捨
銀色の空 果てない降り続く熱のように短い季節 駆けてく僕らを濡らして何も持たず行くから頼りない手のひらに惑ってしまうよ止んでしまった雨はこの空に痛みさえ残さないで惹き合う力と ぶつけ合う想い傷つけてでも 抱き寄せた壊れそうな 君に触れて視えない物 信じてゆくもう何も怖れないよ吹き抜ける熱のように短く蒼く 駆けてく僕らを揺らして「どうせ流れてく日々…」俯き 逃したのは何の夢?零れゆくような きらめき
ああ ため息交じりの 冬の夜空を歩いていますああ 伝えたい言葉 あの日からポッケにしまいこんでいる胸を突き刺す 北風のような毎日でも ここまで来れた右へ左へ 彷徨いながら 光の射す方へ心に風を集め 瞳閉じて思い出す溢れ出す悲しみも 君を包む優しさに変わってくそう胸のポケットは 愛のカケラが輝いているオハヨウコンニチハアリガトウサヨナラ味気ない砂を噛んでるような 灰色の日々なら心に風を集め 瞳閉じて
退屈な決まりといつも同じ時間割り振りのThree years窮屈な制服の中に閉じ込めてた溢れる可能性教室の隅で密かに 同じ熟を持ってる仲間と期限付きの宝の地図 片手にコンパスさあ旅に出よう苛立ちのスタイル 気まぐれなブームなんて夕焼けの果てまで投げ捨てて君にもあるはず 心の奥にある夏の日の憧れを君と見た夢の続きが 僕の心まだ焦がしている込み上げてく思い出と 鮮やかな夏の日は眩しすぎる宝物平行線で辿