目の前に居たのは蒼い顔しかも表情の全くない野郎ハロー!こいつが生みの親だ どうやらでもなんかこのツラ相当ヤだ窓にゃ暗色カーテンこれじゃ晴れでも雨でも分かりませんパソコン画面の光以外はほとんど明かりない、暗く狭い密室めいてる一室 まがまがしい空気満ちる 無機質な工具やたら多く、ハンダの溶ける匂い漂うそのアチー焼きごてみたいな棒の先、俺の身体に何度も何度も押し当てるのはやめてくんねーかな? とりあえずそ