秒針の鼓動 – ravenknee

僕らだけの思い出 空の匂い
星空に囲まれたら 重ねた影達もわかってたんだろう
戻らない日々の美しさを

もう行かなきゃ ここには無いから
愛しさや悲しさも 僕には無い
心が錯覚してたの
幻さ

秒針が振れた 動き出したよ
探していたような気がした
あの時の気持ちが育っていたんだよ 変わらないよ
人知れずに一人歩きしてたの 絵本のような日々を
妄想してた僕を叱ってよ

身を投げるための環境はいつだって整っているのに
実らせるための感情が追いついてこない
乱暴に残像を追いかけてる 頑丈な願望は崩れかけてる
変わらない日々の中で変わり続けてる君を羨み
希望に満ちた景色が広がる世界で
ただ一人息をしていたかのような気がした

もうさよならだ ここに居れないんだ
愛おしくて悲しいのは 君がいない
見つかるはずのない場所

止まってた時計が回り出したよ
見つけたんだよ僕らは
あの時の気持ちを育てたいんだよ 忘れないよ
一つひとつまた数えては思い出して 絵本のような日々の
夢に消えた僕を探してよ