降り注ぐ日射しのような 乾いた風のような吐く息の白のような 終わらない夜のような彼方からそばのあなたから 触れる程 溢れる程のあたたかさ響きあうメロディーともリズムとも言えるような合図に気付く真っ白に覆うような あったかく燃えるような…響きあうメロディーともリズムとも言えるような合図に気付く始まりのベルがようやく到着 踊りだすshow timeone time 流れる胸騒ぐBeatsまた繰り返して
ペース気にせずこのレースモーレツに飛ばすぜTrain Train時にレールを脱線Runaway Train暴走して経験重ねて見極めて極める自分のテイスト My BestでしくベースとレールI know I can才能なきゃ誰もしきゃしないゴールへのラインだが用はないそんなラインJust Do or Dieたとえ限界をチョイ過ぎる前でも自分で選ぶ「The Choise is mine」背を向けずに狙
ハイ注目! 俺がしゃべくり中毒 この不景気なのに永久就職Stay tune baby! 究極の天職 天国だが忠告 有毒You know?Give me the MIC じゃなきゃ意味がないノイズ吐き出さなきゃそう響かない心の信号の色きちんと伝えなきゃ事故る同時進行To the up and down, To the up
Back in da day in 1988 行く先不明で描いた夢ただ音に上がり共に笑い 時にトラブルあっても喜びもダブル勘ぐることない関係だって歩みよらなきゃ そう不完全だねダレかれのためじゃなく自分のためまだ冷めぬ熱を大切にベストを尽くすだけすぐ砕けそうに・・・ だけどやっぱみたかった先のストーリー1人残り空のステージ登り明日を想い 誓いたてたとこに忘れない事やなくせないものがあるから変わらぬ
今始まるこの物語こっからどうやらとうとう歩き出す時が来たんだ 始めようぜ皆心配無用You Know 行くぞ今始める物語 俺たちならおいてく言葉たちさあビビることなく飛び出そうぜ Oh Yeah!ビビッと来た感覚 Kick STARTファンタスティックさーいつかビッグな男になりたくてなりたくて 足りなくて また開拓 Yes!ぼーっとしてたら待ちぼうけだってまだ まだ まだ まだ ちっぽけーだがどうせ