I can’t 罠に囁かれ Fancy dive偽りはクールandシュールに with a smileSo please don’t leave me,How can
街の騒音消せば 浮かぶ地平線を蒼く照らす月が ここへ導いてくれた きっとあれから変わらず 今もこれからも 僕らは keep on flower この道で 名も無き夢に出逢うために今日もありのまま自分を 信じそして生きてゆく 不意に立ち止まれば 人は不安を覚えて悲しみだけを上手く 風が吹き消してくれればと思う 時が過ぎて 枯れ果てた草木が 砂に埋もれてくそれでも萌ゆる芽を待ち眠っている水を信じずにはいられない 僕らは
夕立ちにやられて bitter smile取り敢えず駆け込んだ river side mall 空に夢も描けそうにないような気分さえ忘れるくらいに見とれた君に触れた I’m gonna change your world 薫れ your whisper voice探し求めてた
自由だとか 未来とか 語ってはいるけど他人の夢ばかりを たどってる しまい込んでいた 戸惑うもう1人の自分に「ねぇ何がしたいの?」と そう問い掛けていた say something … 意味なんて無くてもいいここにいる僕も僕で somehow I’ll find my waysomewhere down
cloudy smile 「サヨナラ」とは1人残る場所じゃない無限の人間に出逢うためさ深く響く胸の音に光感じたなら始まるwill be wonderful today 騒がしい街を背に 君のいない部屋へ今独りだと知っても なぜか声がする ねぇ傷つくことに 臆病になるくらいなら傷つきながらでも 一緒にいたいよ cloudy smile 君のすべてがかけがえのないモノだとまっすぐに想いを言いたくてcloudy smile 夢の中でた