情熱のカケラ — Rake

弱さ隠すためについた嘘
それが僕を曇らせる
物分かり良い振りしても
結局自分は騙せない

心に溜め込んだガラクタに
そろそろ「さよなら」告げて

夏の風が運んだ まぶしく光る涙
蒼いままの君で裸足のまま
臆病になっていないか?
大人を気取っていないか?
焦がした胸の想い 真っすぐ見つめる
君の眼差し

明日には必ずって
その明日はいつになる
未来に全て任せるなんて
無責任もいいところ

オフになっている君のスイッチを
もう一度 押してみてほしい

夏の風が運んだ 弾け飛んだ波が
飛行機雲がそっとほどけていく
臆病になっていないか?
大人を気取っていないか?
乾いた心に輝き流れる
熱い涙を

僕らが行く先を 見失わないように
夏の太陽が照らし続ける

夏の風が運んだ まぶしく光る涙
蒼いままの君で裸足のまま
臆病になっていないか?
大人を気取っていないか?
焦がした胸の想い 真っすぐ見つめる
君の眼差し