大人ぶったって覚束なくて背丈だけが大人になっていた自分らしさなんて知らなくて僕は誰?教えて 恋したって空回って叫んでたって 届きはしなくて焦燥と劣等が心を蝕んだ 花弁が落ちるように何回も何回も心折れて生きて何も満たされず訳も分からずただ泣いて泣いて 苦しくなって泣いて泣いて 震えたその先に僕を見つけた 主役ぶっていた 狭い世界で怖いものなんて ありはしなかった何者にだってなれる筈だって疑いもしなくて 恋し
他人の不幸は蜜ノ味 いくら高価な宝の価値も分からないなら藻屑といっしょ失くして初めて気づくなんてアタシには無いようだ 可憐にゆれている花すら引き千切って散ってしまえ 他人の不幸は蜜ノ味自論にかまけてクズと化す誰かの身勝手な言葉はいらないの無用なゴミもアナタのなら自分のモノにと手を伸ばす満たされないまま生きてくのさ なんとなくただ生きてる日々は死んだ目をした魚といっしょ世界征服や金持ちよりも楽していたいもん
不意に遠のいたキミの声照りつける日差しの中をひたすらに追いかけ続けたうずまく風のような速さで もどかしい気持ちをいつから飼い慣らしてきたんだろう?戸惑いと涙の跡夕立が洗い流していく 近づくたびに傷付いたってキミと共に生きていきたいの悲しませてしまうのなら いっそ壊してしまおうか 近づくたびに傷付いたってもう自分にウソはつけないから押し寄せるこの想いを今貫くよ 高鳴る鼓動はキミへのシグナル受け止めて応えてく
狂っちゃえばいい スタート1D手を叩いて待てど暮らせど反応ない2D点と点絡める必然の突然のbreak3D目の前頭振り ハイステージへ4D現実を超えて超えてこの声届け 何も聞こえないな(woh oh oh)空間を埋め尽くすくらいに高鳴って行け 間違い正解どっちだっていいやばい凄い世界にいざなって足りない足りない未知数のエネルギーが異次元多次元なんだっていいやばい凄い世界に落っことして出れない出れないそれでも楽
月明かりが 差し込んだ窓辺に写る 指の影描く景色は 色褪せたまま時はただ 過ぎてゆく‥ 見上げた夜空は いつもと変わらず取り巻く世界は 変わっていってしまう運命なんて 信じないけど進むべき道を 歩んでいくから… Never say Never… 溢れる涙は 心の叫び儚い日々の中 明日を夢見る流れる星に 祈りを込めて未来への 想いを胸に今を生きてく 目を閉じると 蘇る過去の記憶を 紡いでく思い出達は 色褪せぬま
UP! VOLTAGE! UP! VOLTAGE! ここから始まるUP! VOLTAGE! UP! VOLTAGE! 新たな伝説 加速してゆく言葉のスピード追いかけて僕らは何を今 探している? 正解なき道に立って形骸化したカテゴライズ突破して 論破存在論君に向かって 叫ぶ ディスやヘイトさえ抱きしめ未来まで走ってみせたいけど(刺さっちゃうコトバ刃(やいば)心拍数Flat liner)それでも表現を(あきらめない)脆いくせ