SPEED STAR – Quarter Century

都会のネオンじゃ
ほら 願い事も叶わない
そんなの知ってた
建ち並ぶビルに囲まれ睨み返す僕

錆び付いた自由を
振り払えって呟く
嘘に塗れた笑い声など
口にすんのはごめんだ

僕は僕であり続けたい
生きる意味を見つけ出したい
今 星を掴んで
夜明けを抜ける時

過ち偽り 誰にでもあるよね
傷付くだけなら立ち直れないこともあるけど
答えは自分が一番知っている
灯りは小さくて充分さ
不器用な手で掴み取る
SPEED STAR

淋しさを横目に
何度見て見ぬ振りをしてきただろう
隠してただろう
誰かのせいにしてた

だけど保障の道選んで
確実を通る場所なんて
そう 言ってしまえば息苦しいだけ

扉の向こうに潜んでる未来には
無数の光と影を繋いでいる支配者
聞こえてくるのさ 勝利の鐘の音が
転ばぬ先の杖なんて捨て去ればいい
僕が僕であるため

過ち偽り 誰にでもあるよね
傷付くだけなら立ち直れないこともあるけど
答えは自分が一番知っている
灯りは小さくて充分さ
不器用な手で掴み取る
SPEED STAR