Just like 暗いベッドで喰らうJust like 使い捨てのviralJust like 漂いながら笑うJust like survival in virtualJust like 咎無く盗品浚うJust like Uploading immoralJust like 洪水のBit 逆らうJust like
夢なんて 何個も枯らしててこの前と同じ 多分慣れちゃったんだ鈍い僕 だって気付いている投げられた強がりな 言葉が泣いているかくらい何もかも壊したくなる悲しさを消すなんてできないけどSo I will hold youできることが無いってことじゃないだからきっとYeah, so I will hold youSo I will hold you選ばれる人の眩しさには俯いてしまう事も沢山あってけど君に
This view we live, this view we love 想像を(uh woo, uh woo)Our flow will shines,
雨の射線 背中で隠して縄張りに火 燃やしている野望 希望 絶望 どれもが熱いままのRedHigher, higher そのDesire絶やせばもう点かないBrighter, brighter 火傷しても手を離すな燃やせ 感情の炎(Yeah yeah)衝動に火を灯せ(Yeah yeah)燃やせ 本能のまま(Yeah yeah)煙 裂いて走れ(Yeah yeah)While youre a fire
混濁する仮想の生命の渦 流れ込んだ有機の破片体温さえもが偽りの機構とばかり 言葉交わしている君も 君も 君の心さえ 何が動いているか解らない僕も 僕も 僕は何だったか 思い出してる(Now diving, and flying, Falling In The Future)霞みかけた過去の(Now hiding, and lying, in world of
未来を追いかけて未来に裏切られてそれでも覚えていてまだずっと信じていて淡い明日のカタチ掴んでは握り消してそれでもあの日の声まだきっと響いているいくら叫んでも 飛んでも 少しも近づかないけどもっと歌ったら 呼んだら 届く気がするんだいくらもがいても 泣いても ダメだって気付いたからさもっと笑ったら その時 未来に触れるんだ
最終電車が行き去って 孤独がそれぞれへと満ちたら端の不揃いな便箋開けて 濡らした その思いを少しだけそう君が 君が 街の 灯りに惑うのならそう僕が 僕が 描くよ 涙が乾くようにと星をDrawing stars, oh-o-oh Drawing stars, oh-o-o-ohDrawing stars, oh-o-oh Drawing stars, oh-o-o-ohそう君の 君の 空が 真っ
二つの星が混じり 新たな地平の縁描くさあ 融合性のNew Birth 新世界へとDisperse生み出すのさ 誰も知らない価値観さあ 恒常性のBreak Out 交点からはImpact始めようか ルール破る創造を(Get ready to go, get ready to go)地平線を 超えるように(Get ready to go, get