風に鳴れ – Pulse Factory

何を望むだろう 旅路の終わりに
手にしては消える 無情な痛み
見過ごした終着駅は もう降りれない

風に鳴れ 光を抜け
今は弱く小さくてもいい
悲しみが染みた記憶も持っていくといい
そしていつかその記憶に立ち向かう覚悟の時に
僕が残したこの歌が傍にありたい

鮮やぐリアルが こんなものだとは
始まりの鐘が響いたあの頃は良かったなんて
傷ついた君の孤独が 頷く訳がない

風に鳴れ 闇夜を抜け
火を灯した心の在り処に気付けたから
待てど癒えない傷も無駄じゃなかった

もしも此処で止まって 何かに負けてしまって
どうしようもないなんて 言い訳探し出しても
奥歯噛み踏ん張って 震える肩を抱いて
手を差し伸べるよ

だから君に手渡した 奮い立たせる詞を
さよならが来るその前に 握り締めてよ

風に鳴れ 夜明けを往け
何を求め失うのだろう
喜びがくれた温もりも持っていけばいい
そしていつかその記憶を忘れてしまったとしても
僕が残したこの歌が傍にあるから
あの日々は間違いじゃない もう振り返らず往け