聖なる鐘の音が 2人の思い出を素敵な夜だけ 残してくれた賑わう街 私は仲間はずれ贈り物抱えた人達行き交うキャロル歌う子供達でさえも憎らしく思えて きつく目をとじた去年の2人は キャンドルライトに変わらぬ気持ちを誓って口づけてた 幸せの中聖なるあの日の夢 雪に埋もれて消えたそれなのに今年も 鐘はなるのねこんな夜に 1人きりでテレビの何も映らない画面を見てるの世界中に きっと私みたいに1人で泣いてる人
セミヌードの唇で 彼のみみもと息かけて Dancin Youちょっと危険なボーイフレンド抱かれた腕の すきまで恋したい Lovin Youうかつなほめ言葉 おしゃれじゃないのよ元気なバイブレーション 今感じたいOH! BABY DONT STOP DONT STOPハートは止まらないのよDONT STOP PLEASE お願いよOH! BABY DONT STOP
腰もくびれてないし かき上げる髪もないけどジーンズと帽子で わりとカッコよくきまるのよねえダーリン 早く現れて一人でも宴会するし 禁煙も続いた事ないけどいざという時は 1日ぐらい我慢できるわねえダーリン 早く現れて今度の恋はうまくやらなきゃ私約束するわ えばったりしないしペアルックは私もキライだし指輪を買って欲しいとか ピアノ買って欲しいとか高いものはねだらないわ部屋のお掃除と 早起きは苦手だけど
あなたの寝顔 ずっと見てたら 涙があふれてきた静かな呼吸 重ね合わせて 夜明け前の片隅でどんな夢 あなたは見てるの?永遠の 子どもみたいに息ひそめ 指に触れてみる見えない糸 確かめたいからきっと昔も 2人は 恋に落ち 何かに引き裂かれて長い年月越えて 再び出会えてここにいるそんな気がするの 何故か…「愛してるよ」
最悪!ここ何日も 最悪!くすぶってるのあ~あ 待ちかねた フライデーぜんぜん 出逢いもなくて ぜんぜん 手紙もこないあ~あ つまんない フライデー手あたりしだい 短縮ナンバー妙にきどった 留守番でんわ今日こそは 思いきって 出かけるぞ さぁ!一切合切
この頃会えないね 電話もくれないねこのままで想い出は とぎれてしまうの窓が開いたままよ シャツは脱ぎ捨てたままねどこへ出かけてるの 少し片づけてあげるちいさな鍵がひとつ ふたりをつないでいたかなり 大きすぎるけれど パジャマを借りるねドアをたたく風の音に 何度もふり向くのやっぱりさみしくなる 早く帰ってきて出逢った時のこと 今でも覚えてる6月の雨の中 歩いた時のこと今夜 たぶん私 少し泣くかもしれ
愛してるってはっきり言ったじゃないナイフの月夜に十字を切ったじゃないあの時 私はどうでもよかったのよあなたのせいよ 戻れないわ毎晩逢いたい あれこれしてあげたいいつでもあなたのいちばんそばにいたいこんなふうにここまでね一途にさせておいてすずしい顔で背中を向けた殺意に似てくる愛に膝かかえてあなたのためならばネェ ワタシハ シネルKill Me Tenber,Pleaseあなたを追いかけ小雨にだまされ
ただむりやり声をつぶして叫びまくったり似合わない服を気付かずに着ていたりバカバカしくて カッコ悪すぎて やけくそになって捜してたのは たしかこんな曲だったすりきれた レコードの中でこんな風に 歌う事夢見たあの時よりも ROCK ME震えさせて ROCK ME逃げたいぐらい ROCK ME死ぬまでずっと ROCK ME今
ずっとだまってた事がある誰も知らないスゴイものが5つだけあって秘密の場所にこの時までかくしてたとびきりのスゴイものを 私 私持ってるんだハダカにされても 乗ってた飛行機が落ちても地震がきても これがあれば きっときっと大丈夫どっかの誰かがナイフを持っておそってきても返り討ちだよ へっちゃらだよ歯医者も 注射も 試験も 社長も 怖くないずっとだまってた事がある誰も驚くスゴイ事が1つだけあってノストラ
ネェ 今日はかくまってよイヤヨ 電話があるもの薄情な事 言わないで情けない顔しないでよ心を閉ざしたままで笑えるそんな特技なんていらない当然よ 私は 不器用でそれなりに そう いいひとの つもりだけど当然よ わがまま おこりんぼばかばかしいね 私は私なんだもん恐竜でも ズドーンと 現われてぐしゃぐしゃになれば
Hello, my face レタスをかじるNewspaper 丸め 御機嫌なあくびあばれだす心を気ままにぶつける いじらしさ武器にして輝いた瞳はプリズム 無限に届く光線で甘くBaby baby baby 包むMY WILL, ALL RIGHT いつだってMY WILL, ALL RIGHT やりたい事MY WILL, ALL RIGHT 追いかけるMY
もう悩まない迷わない一度は手ばなした恋が 目覚めたOoh アクセルを 踏み込んだ涙も枯れ果てたまま 飛び出すインチキな地図と決めつけて破り捨てたあの日晴れた日ばかりじゃない毎日が嫌で泣いてた二人の夜きみは笑って 探し続けてたそのうちにどうにかなるよ やってごらんよそれがわかった まだ間に合うはずごめんねもう地球の果てまでもついてく今ならきっとああ 昔なら まっすぐに暗いでこぼこ道だって 走れたOoh
こそこそ隠れて 夜中のデイトいい加減すねてる 「やってらんないよ」だなんてごめんね 許して 我慢しててね 今は坂道の途中だから噂は 2人の仲をいつだってかき乱すからねえ その時が来たら パレードしようよみんなもきっと それについて来るよ100万回のキスを贈ってね ほらね ベルが聞こえてくるでっかい車に 缶カラつけてセスナも飛ばして 空まで ハッピー ハッピー トゥデイ真っ赤なじゅうたん どこまでも
パパに会わせたい人がいるのとても優しくて 私のこと 愛してくれてるのパパもなんとなく 気づいてたでしょうどうか怒らずに 最後まで話を聞いてずっと隠してて ごめんなさいどうしてもきりだせなくてあのね あの人パパに どこか似てるの背中もふとしたしぐさもあのね パパもあの人 気に入るはずよ私達 愛しあってるの私が生まれた日の写真には慣れない手つきで 私を抱くパパの笑顔パパのワイシャツ たばこの香りいつだ
夕方の混雑した駅で 大切な写真を無くしたどん底で助けを求めてた 誰も皆聞こえない振りしたもう死にたい程の朝 シャワーの中でくやしくて思わず叫んだ頑張れポンコツ車 ほっぺたに風受けて長い道を ドキドキする方へガッカリの繰り返し グッタリと振り出しへそれでもまたガタガタ今日も行く傷跡の数を数えてたら 臆病が無難な根を張った運命を逆恨みしていた 友達もみんな凄く見えたほらあきらめていたドア 鍵は開いてい
星を探してた曇り空の日々 恋をするなんて思ってなかったため息重ねた扉の向こうから あなたが現れて全てが変わったきっと去年の夏 二人が出逢ったあの時から始まってた 終わらない夢追いかけて 走り出そうハイウェイ飛ばして海の香り流れる光と風を感じさせて輝く愛を降り注ぐ太陽はどうか変わらず私だけを 照らし続けて瞳の奥には無邪気な少年 不器用な仕草 暖かい笑顔たばこふかしてる照れた横顔が 愛しているよとぽつ
君がくれた靴をはいていた かかと鳴らす雨上がりの駐車場チケットも約束も無くて 汚れるのも気にせず歩いたねライヴァル涙は見せない強がり 自慢だった失くした恋よりも胸に 焼きついてるいじけ顔のフォトグラフが手を振る19 GROWING UP ひとりで戸惑う夜は借りたままの腕時計動かせば19 GROWING UP 君の笑顔とぎれとぎれ私まで聞こえる GROWIN UP盗み出した 彼にも秘密の女同士少し
見慣れてる 広い背中 少し後を歩くさりげなく かばう手のひら 笑ってる横顔明日になれば 忘れてしまうから少しだけ 少しだけ 今だけ言わないつもりの言葉を いつまで覚えてるのあなたの望んだ夢の 隣にあの娘がいた一度きりの ふざけたキス もう忘れてるでしょう新しい恋 見つけても 気づくと会いたくて誰かに話せば きっと 笑うけど大切な 大切な 恋なの遠くに港が見えてる 約束もないままに高速おりれば すぐ
闇の奥から黒いネコ手招きしてるハ−トのふた開けて墜ちるきっかけを待ってる見てごらんあれが WONDER CASTLEうず巻きにのまれて写真の世界にもぐり込め胸がズキズキして三日月さえDown!Go Down立ちはだかるあれが WONDER CASTLEビクビクしながら 扉たたけばホラ迎えにくるよ2人のために始まるパ−ティ−誰もが笑顔 踊るLets go 進めLets go はだしでLets go
ひとりで見詰めてる真夜中のスピードについてゆけずにただ溜息ついてる指先の魔法は 9つであなたにつながるけどいつも2人で眠りたい朝も夜も溢れだす想いがあなたに届くのなら海を渡る鳥になっていますぐ会いにゆけるはずよ離れてた夏 やっと気付いた本当のあなた 私が知ってるから何が起こってもそのままでいてずっと輝いていてね知らないニュースで今街がざわめいてる動けない季節と沢山の約束とその時がきたらちっぽけな2
さよならはいつか やって来るとは思ってただけど あともう少しだけこのままでいさせて月明かりの部屋で眠るあなたを見つめてるそして 今日までの思い出繰り返したどるのあふれる涙には 別々の幸せが震えてるNever ending Love奇跡を信じていたあの頃にもう二度と戻れないけれどLet me say againあなたとあの日 出会えてよかったそれだけは伝えたかったの二人をつないだメロディーもう歌えな
Vibration 指をならして(do what you want to do)チェリー・ナイト ショーが始まる(take me to crazy world]踊ってよ 楽しまなくちゃ(stand up
Hey girl そんなに悲しい顔しないでDont cry 鏡の中を覗いてごらんHey girl もう1人の違うあなたがDont cry ほら あなたに話しかけるもっとはしたない瞳で彼を見つめてごらんもっと Sexy なルージュでねぇ抱いてって ひとこと言うのSqueeze you
ガラスのキャンパス ふたり見おろす街はダイヤモンドねあなたの背中にそっと耳を押しあて 鼓動感じて蒼い時の中を 漂いながら寄り添って眠る ふたりは Night fishes愛されているのに 涙がこぼれるのは何故?Motion 抱きしめて emotion 感じたいのMotion あなたのすべてをMotion 離さないで emotion
ねえ あなたに抱かれて 腕の中 まどろめばほら かすかに聴こえるわ あなたの胸の潮騒水面にはねてく 光るしぶききらめく波間に たどりつくのあなたの海を泳ぐ 私は夏の人魚終らない夢の中に 私をさらっていってほしいねえ 目覚めたその時 腕枕 ひとしずくこの 熱い涙の理由を
朝の匂いと太陽 深呼吸して あなたをたたき起こして 頬にキス ビルの森へ 送り出す Happy happy dayいつになったら帰るの お鍋グツグツ ソワソワどんな時代も同じ 愛の砦 守り抜く Happy happy day下出(したて)にでりゃ言い訳 グチに弱音 辛いのもわかるけどウンザリ そんなあなたは やめて男なら AIAIAI 少しコワモテで AIAIAI太鼓打ち鳴らせ AIAIAI あな
言葉を捜すあなたの背中がちいさく見えて目をそらした私より好きな誰かのこともう言わないで もうこれ以上ここへ来ようと言われた時から恋のゆくへに気付いてたの忘れない あの日出逢えたことそう この場所で 海を見ていた聞こえるでしょう 汽笛がほらまるで恋を見送ってるみたい風に乗せて 思い出へとあなたがくれた指輪を返すわ悲しい夢を見ないように約束はいつも消えてくもの知っていたのに 信じたかったねえ お願い 5
夏の光を 追いかけて行こう風の中飛び出そうよサングラスには 空を写して楽しいことを探して泣いても 悩んでも時間は 何もくれないよ季節を 変えに行こう さぁ太陽の国へずっと待ち焦がれていたバケイション靴の 踵から 煙がでてる夏の 思い出は作るものだよ冬の 上着を脱ぎ捨てればこんなに夢が見える雲の上から 地球を見ればあざやかな蒼い海帰る場所なんて 忘れてしまえ楽園は目の前に浜辺で 昼寝をしておいしいビ
ふたりが終わる時私はいつもより笑ってたあたなはテレビを見てたふたりが終わる時子供の頃の話をしたあなたの背中が遠くに見えた置いてく 言えない言葉「もうすぐ朝が来るね 遠くの空がにじんでる」「すこしだけ 眠ろうか 昨日までのふたりのまま」「ずっと忘れないように すこしこっちを向いてて」「この手を伸ばしてももう 届かなくなるのなら」ふたりが終わる朝は 思い出のにおいがしたふたりが終わる朝は ありふれた朝
ベランダから見上げた空流れ星が消えてゆくよ願いごとは いつも言えないままあなたがいる この景色が 私とても大切なの笑わないで きつく手をつないで(ずっと)素顔で (たぶん)恋する日は来ないと思ってたあなたに出逢うまではだから HONEY この愛しさを世界じゅうで ひとりだけの あなたにOh yes my HONEY このときめきを時間よりも空気よりも