枕風 – Prague

すました空に悩みを浮かべて眺めていては
こぼれた思いを緩んだ風に流してみる
春を込めた 冬を引きずった朝に

淡い心に溶け出してく 日の温もり
仕様の無い恐れが肥大しないように まとわりつかないように
訪れた春に身を任せる
何気ない今日が満たされてく

人は歩く意味を 見てきた痛みを すぐに忘れてく
木漏れ日の中で理想を描いたこと 失くしたこと
流れては消えてくこの思いを手のひらの風景に

歌う景色 踊る息吹 聞こえる頃
芽生えた生命が緩んだ風にそよぐ頃
色が宿り 春に染まる
鮮やかな明日へつながってゆく

華やぐ世界で満たされてく ただそれだけで
余白だらけの冷めた心に夢を描いてみたくなる

人は歩く意味を 見てきた痛みを すぐに忘れてく
やわい風に吹かれて未来を願ったこと 望んだこと
目が覚めて さまよって 繰り返して 間違えても
見てきた痛みを 聞こえた季節をほら
手のひらの風景に