エンドブレス — postman

どれだけ どれだけ抱えてもいいと思えたもの
それだけ離さず生きてゆければいいじゃないか

不安になるときは僕にもある
何してんだろって思う時だって
でもそこに僅かでも
目に見える大事なものがあったんだ

立ち止まって 振り返って
また前を見る その繰り返しの日々の中で

どれだけ どれだけ抱えてもいいと思えたもの
それだけ離さず生きてゆければいいじゃないか
この手で握れる数だけでいいと信じている
幾つもいらないよ そこにある いつだって
あなたの大事なもの

この夢のためなら この人のためなら
いくらでも悩めるなって思えるものと
出逢えたなら それだけでいいなら
抱き締めていたいんだ いつか呼吸が止まるその時でも

歩き出して すぐぶつかっても
また前を見て 君の道を探し歩こう

どれだけ どれだけ 抱えてもいいと思えたもの
それだけ離さず生きてゆければいいじゃないか
この目で見えてるモノだけでいいと信じている
幾つもいらないよ そこにいる
いつだって あなたを信じてる人

気付けば僕は自分さえも信じられなくなっていて
そりゃ周りの人も信じてくれなくて当然だな
苦しいこと 嫌になること
そのどれもがこの手一つじゃ何もできなくて

どれだけ どれだけ 抱えてもいいと思えたもの
それだけ離さず生きてゆければいいじゃないか
この手とその手を合わせてみれば何かが見える
幾つもいらないよ そこにある
いつだって 僕らの大事なもの