ありふれた幸せ – postman

ありふれたものだから気づけなくて傷つけてしまうんだろうな

零れた頬の透明がどこか懐かしくって
醜く変わり果てた僕らの愛を
もう一度 叩き直して ぴかっぴかに輝かせてくれた
二人何を忘れてたんだ

ありふれたものだから気づけなくて傷つけてしまうんだろう
凍えたその両手を暖めるのは互いを信じ合えたその手だけ
ありがとう ごめんね おやすみ また明日 って笑えるかな

想いは確かにここにあるのに 君のそこにもきっとあるのにな
歪めて引っ掻いて壊してまた直すの繰り返しで
形があやふやになった

卑屈なこの性格や意地っ張りなその性格や
信じ合えなかったあの長い夜
知れば知る程 傷つき 近づけば近づく程に遠く感じる時もあったよな

ありふれたものだから気付けなくて傷つけてしまうんだろう
幸せの匂いに慣れることは 幸せを忘れることではないけれど
ありがとう と ごめんね に愛を混ぜ合わせるのを忘れてるかも
だからさ この両手が抱き寄せる前にちゃんと暖かいか確かめるんだ
ありがとう ごめんね おやすみ また明日 って笑えるように
ありふれたものだから気づけなくて傷つけてしまうんだろうな

零れた頬の透明がどこか懐かしくって
醜く変わり果てた僕らの愛を
もう一度 叩き直して ピカッピカに輝かせてくれた
二人何を忘れてたんだ

ありふれたものだから気づけなくて傷つけてしまうんだろう
凍えたその両手を暖めるのは互いを信じ合えたその手だけ
ありがとう ごめんね おやすみ また明日 って笑えるかな

想いは確かにここに在るのに 君のそこにもきっと在るのにな
歪めて引っ掻いて壊してまた直すの繰り返しで
形があやふやになった

卑屈なこの性格や意地っ張りなその性格や
信じ合えなかったあの長い夜
知れば知る程 傷つき 近づけば近づく程に遠く感じる時もあったよな

ありふれたものだから気付けなくて傷つけてしまうんだろう
幸せの匂いに慣れることは 幸せを忘れることではないけれど
ありがとう と ごめんね に愛を混ぜ合わせるのを忘れてるかも
だからさ この両手が抱き寄せる前にちゃんと暖かいか確かめるんだ
ありがとう ごめんね おやすみ また明日 って笑えるように