こんなに悲しすぎて涙が止まらないのは何故あなたの言葉の意味認めるのがこわかっただけうまく届かない 自分のすべてがあの日寄り添ったぬくもりだけは 嘘にしたくないBurning Love だって心はもっともっと 叫んでるいつでも 私だけ抱きしめてBurning Heart 熱い鼓動はずっとずっと 止まらないこの想い 伝えたいの P.S. I LOVE YOU重ねすぎた季節に待ちくたびれて戸惑うけど流さ
NO! 翔び立つ男引き止めるそんな女になりたくないYES! Goodbye, My Love 軽いKissひとつ皮鞄(トランク)の中 熱い夢ね祈るの 今Good Luck光るAirplane出発(タビダチ)のサインだわ夢見る男に Hello Goodbyeいつかまた巡り逢ったら きっと迷わず恋に落ちる心のまま燃え Hello Goodbyeあなたはいつも熱い風 赤道に向かって I Love
ごめん 急に呼びだしてでもあなたに逢いたかったそうさっき 見つけたの探していた答えをごめん 悩み事ばかり打ち明けては ふりまわしたそうやっと わかったの強くなれた理由(わけ)友だちよりもっと特別な人言葉じゃなく伝えたいのいつもThank you for your smile明日(あした) しあわせになる条件それは今信じる事遠い夢 遠い恋きっと かなうよって明日(あした) 笑顔になれる条件それは今を
泣きたいけど 無理して微笑んだベルベットの夜空を 見上げてそれじゃあねと右手を差し出せば発車のベル 胸をかき鳴らす大事なこのカセット 心の代わりに置いて行くよI wanna hold you hold you in my armsドアのガラスに 指重ねて 約束したねI wanna hold you hold you
あなたを愛したあの時それまでとちがう自分自身に出逢ったまぶしい不思議な力が胸の奥そっとあふれだしていたいつか見た 夢で見た遠い場所きっとあなたとなら行けるわこの恋は凍える雨にもくじけはしないいつだってIm all-weather girl悲しみがどんなに激しくふりそそいでももう負けないあなたの瞳の青空見つめればどんな明日も恐くはないわ見えない不思議な力が未来までずっと導いてくれる幾つもの永遠の愛
ああ どれほどの人が 豊かなこの国に生きるのそう 海の向こうでは 新しい風が吹いてる流れる時は止められないけどそうさ 何かが僕らにきっと 出来るはずさGet! すべて終わる前にGet! 立ち上がろう誰もがみんな願う明日に今すぐ歩きだそうWake! 時代は揺れながらWake! 色あせても夢見る頃にきっと戻れるさああ 生きる場所さえ 失くした鳥たちの群れにそう 流した涙が 僕らの心を動かす傷つけ争う人
最後にもう一度 抱きしめて心が こわれそうだからこのまま あなたのぬくもりを失くしたくない My Heart輝いていた あの頃触れた その指先「てれたしぐさが 似合うよ」と笑顔 見せてくれたね突然の雨の中で別れの言葉 聞くなんて最後にもう一度 抱きしめて時を戻せは しないなら私の瞳も くちびるも忘れないで Your Heart「愛してるよ」と優しく肩を抱かれた日々永遠を誓った気持ちあれは 嘘だった
行き交う人波 それぞれの顔通り過ぎる 一瞬の時胸に降り続く 夢の破片に誰もみんな 気付かないけど昨日までの僕も きっと同じさ信じること知らないままに 消えてく流星輝き出そう Hey Boy! 銀色の星をそうみんな抱いて 生きるのさ探しに行こう Hey Girl! 僕らの明日は何かが待ってるいつかきらめく Shinin Star投げ出したことや 諦めたこと振り返れば たくさんあるねでも 今の僕に 
パーティードレスを 着飾って今夜は好きでもない 誰かの誘いにのったけれどあわてる彼 そんな顔が見たいのだって いつも 1人にさせるそうよ wow wow 恋のかけひき覚えさせたのは あなたダイヤモンドは 目の前よAh 早く気付いて隣の彼の腕 優しくつかまえて酔った振りしてるの あなたの視線気にしてでもね私 本当は あなただけとずっとずっと 踊りたいのよそうよ wow wow 素敵な恋はたった一度き
誕生日の夜が過ぎてく届けられた おめでとう久しぶりの 友達の文字思いめぐる 遠い日他に 誰もいない放課後の教室で理由(わけ)もなく さわいで描いた 幼い夢今でも 心の中にMy friend 今 元気なのMy friend ずっと 忘れないでね素直な心をMy friend 今 どうしてるのMy friend そう あの日の想いThank you for your love制服のまま授業ぬけ出し広がる
夢行きの片道切符を この手に握ってあの改札をくぐり抜けて 列車に乗り込む夜空に浮かぶ 月が微笑んでる校舎裏の灰色の壁 落書きしながらふざけてた 遠いあの頃を 両手に抱えて今からストーリーを はじめたいのさ勇気の全てを かきあつめて昨日までの季節にさよなら告げるDreaming Train, Midnight Train 走ってゆけ奇跡は必ず やってくる不安に負けそうな時には 夕日を見ていた寝転んだ
潮風が耳をふさぐ八月のざわめく浜辺にあなたを忘れるためこの海を選んだの最後に言いたかった言葉さえ涙が邪魔して錆びついたマストの先思い出が風にちぎれてく終わりなの あなたを追いかけたい心が叫ぶわ終わりなの 失くしたくないものが遠くに消えてく白い夏 この熱い風が胸に痛い防波堤 座りこんで打ち寄せる 波を数えてる空っぽの 時の中で浮かぶのは あなたの横顔愛してる そうつぶやけばまた涙が溢れてく愛してる 
あれは二年前 真夏の朝だったバック片手に 1人靴の紐しめた不安と夢抱えて 心震えてたけどLet it go 見えない壁 乗り越え負けたくないから Jump and JumpLet it go 翼広げ はばたけきっとなれるわ ナンバーワン!はじめての街に とまどい消せなくて肩ぶつけながら 人波泳いでる後悔の文字捨てて かけだした交差点Let it go 昨日よりも 明日に輝きたいから Run and
毎日 ケンカしては泣きだしていた あなた宝物は二人でさがしに行ったねごめんね 今は何にもしてあげられなくて誰よりも幸せに 夢をつかんでほしいの どんな時も少しテレくさくて 普段は言えないけどいつも I love you そう Little Sister...久しぶりのあなたは大人びて見えたけどちぎれるほど 手を振る笑顔が うれしい私にできないこともあなたなら できそう誰よりも輝いて その笑顔忘れな
止まらない ただ好きな事 やってるだけさ誰にも迷惑なんて かけた憶えはありゃしない信じないカッコだけの奴らのセリフはあいそ笑いもしたくねぇ Come on RockinKeep on Rollin only wanna Rockn RollKeep on Rollin only wanna
Hey Boy 冷めた視線 その手には乗らないよ 甘くないMy Heart ダイヤよりも硬くて 鋭いつもりOH! GOD! But fallin in your love積みあげたプライドがOH! NO! 崩されてゆくよHey Honey 強がりなんて 一人よがりのSad songだからあっそう 人のことを 知った顔するのはやめて Oh
真夜中過ぎに 呼び出された理由(わけ)は情けなくなるような Lost Love Story男だからって 泣いちゃいけないって別に思わないけど それでも…複雑な感じだよ涙 見せてくれたの 何故なの?同じ季節(とき)に生きているだから感じ合える 心…wow wowJust wanna be your girl.目の前に さぁ いるじゃない 気づいてよI wanna be your girl.言い方はね
喧嘩をしたのが Xmas Eve悲しいタイミング なんてツイてない街じゅう今夜は 銀色ラプソディこんな夜 一人じゃガマンできないPink 色のリボンのプレゼントあなたのために 準備してたのに退屈なクリスマス まっしろなクリスマス部屋の隅で 電話 待ってる今夜なら 言えたはず 完璧な Situation恋人の熱で 雪も 溶けそうね週刊誌の記事では 今夜あたりが危険な夜なの 勝手にしてよお洒落なHOTEL
こんな大事な夜に みんなはしゃいでる日に街をけとばして歩いてる勝手にしろよなんて ずいぶんじゃないなんてケンカしたくせにまた 電話かけてる「今出かけてます」冷たいphoneブースBye Bye もう知らないBye Bye もう会わないBye Bye もう大っキライ 残したのメッセージ now I sayBye Bye 気にしてないBye Bye 悲しくないBye Bye バレンタインデイ これが 
旅立ちはもうすぐ 引越しの荷物に昨日までを つめ込んで卒業のアルバム 思わずさがしてた笑いかけている君をずっと胸にしまっていた あふれる夢つかむために 微笑をかかえてLove you Love you 今でも泣いたことに 後悔はしてないLove you Love you いつでも同じ時を感じていたはずよふざけあった放課後 重ねた唇に心揺れてた あの頃交換した時計 針は止まったけど季節は過ぎてゆくの
まばたきひとつ 涙落とすの子供みたいよ 赤く目を腫らして悔しいけれど 捨てられないと あなた彼の写真を 抱きしめているね女どうしで わかることってきっとあるから そばにいてあげるSmile, 明日には ひとつ素敵な笑顔でSmile, 走りだす 悲しみなんか追い越して初めて知った恋じゃないはずだけどムリだね 傷に慣れるなんて泣きたい時は 泣けばいいから あなた肩を揺らして がまんしないでよ楽しい昨日
誰より ずっと強いあなただと甘えすぎてた 私に気付いた嬉しいことも 悲しかったこともいつでもそっと 見ていてくれたの今 感じるのよ 優しさの意味この手のぬくもり そう伝えたいFor the Earth あなたを守ってゆきたいああ 心を開いてFor the Earth あなたに約束するからああ もう一度輝いて何かできる きっとできるそっと静かに 瞳 閉じればあなたの声が聞こえてくるよ今 痛いぐらい 
真夜中 パパもママも もう眠ってる時計が響く部屋足音ひそめ くしゃみがまんしながら窓のカギ外して魔法がつかえそうな Full Moon心で呪文 唱えるのよFly away, Far away愛していれば 空を飛んでも叱られないよHold me tight, Love me tight女の子なら みんな持ってるはずそう Power of LOVE眠った街を 飛び越えて海沿いへスピードをあげてく宝石み
もっと何か輝くものがある逆らってドアを蹴ってかけだしたうしろ向いていた生き方なんて紙クズにして捨てるよ我(わ)がままな自分に空回りしていたつまずくこと こわがるのは廻り道をすることさそう 大切なもの目には見えないけど心の瞳で見つけるよそう 飾らないまま素顔で生きることSo lets begin the story now「ずっと変わらないままなんて無理」そんな言葉誰かが言ってたけど明日 どんな風
変わらぬ街並み 道行く人の言葉 なつかしくてあの階段をのぼれば すぐそこに パパの笑顔どんな顔してるの 今 私少しは女らしくなったはず きっと世界中でただ ひとりきりのパパだからいつでも私 忘れない季節は過ぎても 私だけのパパだからどうか いつまでも元気でいて ずっとずっとねえ覚えてる? 泣き虫だった頃 パパに抱かれたばこの匂い 顔をそむけたけど嬉しかったやりたいことがある 今、私ごめんね 帰るか
写らないカメラみたい やり場がなくてでも捨てられずいつしか 埃まみれ退屈な夜ばかり 繰り返したら自分に出来ること 忘れるよTry again もいちど レンズの向こう側Try again まぶしい 外の景色に向い合ってシャッターを 切ってよ君の 君のハートで感じた事が 何よりも正しいはずどんな方法(やりかた)より君のハートが行きたい場所に いつの日か 絶対きっとたどり着けるよいつだって元気なのは 
ふと 耳を疑うの愛されてると思ってたからもう会えなくなるなら今日だけ 駅までおくって改札口のひとごみの中過ごした日々 思い出してるSAYONARA泣かないままで 手を振るわそれが私にとって 精一杯のやさしさSAYONARAほんの少しだけムリをして元気でねって 背中をむけるのほら 街はかわりなくラッシュアワーにざわめいているねぇ 歩く靴音が終わりまでのカウントダウン友達なんてなれるはずないだって今で
小さな事に つまづいて落とした肩を 叩かれてた 私そばにあなたが いるだけで強くなれる気がしていた励まされる事ばかりで 強い人と思ってただけど 今 そんなあなたうつむいているなんて 嘘でしょ 顔をあげてトキメく心 伝えてくれたはずさっきの涙はパワーに変えてキラメく心 教えてくれたはずいつも私は あなたのそばに通いなれた この路もいつの日にか アスファルトに変わり夕暮れの中 沈む夕陽にあの頃のあなた
昨夜(ゆうべ) 私 決めたんだ 黙ってるのなんて もうイヤ髪の毛の先や 指までが 緊張してふるえている鏡の前で何度でも 練習してた あの言葉彼の前に行き 言えばいい シナリオはいらないからねためらい けとばして ひとことでいいよどうしようもなくスリリング 深呼吸をしてぶつかること選んだの 瞳にPOWERこめてノックしなきゃ プロローグはじまらないから「好きなの」と伝えるの 恋はすぐそこ足がふるえる
街で見かけたのよ ライトがこわれたジープを思い出していたの ほら いつもとばしてた あなたをあふれ出す 人波に紛れて何も買えずにひとり 帰ったのHoly night そう もうすぐMiss you 2年目のイヴどうしているか 教えてよHoly night ねえ ふたりがLove you 出逢った季節キャンドルは あの日 消えたまま声が聞こえたのよ シグナル渡った瞬間大切なものって 何故 失くしては