もしも 嫌われちゃったらどーしよう?もしも サヨナラが来たらどーしよう?もしも この愛が失くなったらどーしよう?とかなんて最悪のシチュエーション 想像してしまうのそれほどキミが好き 離したくない アイシテル人付き合いもうまく出来ない世渡り上手でもないんだこんな不器用で どうしようもない私を“それでも良いんだから、キミはキミらしくね”と言ってくれたのは キミだけだった アイシテル流れ星 空に見つけた
鏡に映る自分 昔とは別人気の強かった顔 ここにはもう居ないこんな変わったのも キミと出会って人は人をこんなにも変えるもっと キミ色に染まりたいちょっと背伸びしてみたりこだわりも プライドも 脱ぎ捨ててもっと キミ色 知りたいキミに近付くために派手に着飾っていた自分もう二度と Good-byeヘンに大人ぶって真実(ホント)の姿を隠すことで価値を認めてほしかったやがて いつの間にかどれが自分か 分から
笑顔も泣き顔も全て 見せられるのキミだけ黙って ついていこうキミの足跡 たどっていくキミの前だけは 良い子でいてないと本音言ったら 嫌われそうな気がしてた“言いたいこと ちゃんと言わなきゃ伝わらない”あの日からだよ 素顔(ホント)の私でいられるそうして 時が経つうちキミの新たな部分も どんどん見えてきたココロを許し合えた笑顔も泣き顔も全て 見せられるのキミだけ黙って ついていこうキミの足跡 たどっ
孤独 感じてる土曜の夜の街を歩いてみたけど人と人であふれる温かさ 求めて 外に出たけれどももっと淋しくて キミに会いたくなった“ココロは裏切らない”キミが言ったセリフココロ ここにあらず瞳 そらす キミ“ココロは裏切らない”自分に言いきかせるココロ どこにあるの?問いかけてみたいんだおさえきれなくて他の人と居ても 紛れるのなんてほんの一瞬だけで温もりを求めて 外を見たけれどもそれは何か違うキミに 
いちばんそばに居てほしい時あなた 居ないいちばん声が聞きたい時あなた 出ないmidnight blue無音の部屋(サイレントルーム)星に願うI need you babyI need you babyIn my mind, inside of my heart大袈裟かもしれないけどあなたの為ならば全て捨てる自分の存在価値 分からない時部屋に独り毎日 顔を出してくれた人はあなたでしたmidnight
立ち止まった時 いつでもキミが笑顔で待ってくれてる気がしただから キミ以外 他人(ダレカ)の前で泣かないと決めた これからいくつになっても… 臆病者で最初の一歩 いつも躊躇っている内気な自分がイヤになっていくキミを見ると なんだか羨ましくなる振り返った時 いつでもキミが何か大切なものを残してだから 失敗や間違いしてもまた戻って 始めること出来るいくつになっても… 自分 守っていて傷付かないように 
キミが どこかね 遠くを見ている時その瞳に何が映っている?それが私じゃないと分かった時きっと私は作り笑いする“過去を知ったとしても 今はお前なんだから何も心配ナイ! Dont worry. Now!!”例え知っていても キミの前じゃ何も知らないフリする最初で最後の恋にしたいからこれ以上もこれ以下もいらないのキミに決めた 運命かも“キミに出会うために生まれてきた”はバカみたいだと思われちゃうけどキ
あてもない道ばかりを フラフラ歩いていた今ドコを目指して 何をして良いのかも…君が好きなあの曲 カーステレオのボリュームを最大にして キモチ 固める交差点も 信号もない 一方通行を君に追いつく様な スピードでSo faraway 走り出そう!ブレーキなんて踏まないでいこう 全開でOh someday いつの日か誰にも見つからないような my placeありふれた毎日 抜け出したくもなるけど届きそう
「信じてしまうことは いつか裏切られる」だから初めから 信じることはしなかったんだ何度でも 何度だって 話しかけてくれたうなずくだけでも いつも そばに居てくれた初めて知ったこんなに優しい人がいる なんてことを今の私にはまだまだ“人に優しく”なんて出来ない羽のない私に手を差し伸べてくれたキミは神のよう歩くことすらままならなかった私を 導き出してくれた一人ぼっちでいた それでもいいやとだから自分から
私ひとりのキミに なれはしないけれどキミだけの私だから 一人占めしてもっと 愛して恋の悩みは 十人十色(それぞれ)比べてみても そう 相手がちがうから仕方ない どうしようもないどうして こんなに only you!!!週末大キライ キミが居なくなる“今頃 誰かと…” そんな妄想とジェラシー平日大スキ キミと CHUし放題これで不安解消! キミにK.O.(ノックアウト)!!キミにつり合う 大人になら
少し キミが年上だだけど 全然関係ないんじゃない?ジェネレーションギャップだとか言うことも 全く問題ないんじゃない?気にすることなんて ひとつもないだって 変えられないよキミに向いた バロメーターはOPEN MY HEART OPEN YOUR HEARTもっと もっと 窓を 開けてOPEN MY HEART OPEN YOUR HEARTもっと もっと 鍵 開けたい 秘密基地のキミに 求める条件
別れを恐れて自分 守ることばかり考えてきたの相手を 想えることがこんなにも 幸せだと感じた遠回りして やっと分かった何度も重ねた唇は 実は キミが初めてパンキシュ!自由奔放な私だけどキミの前じゃちがうパンキシュ!好き嫌いが 激しいけどキミと居る時はペース 合わす何も知らなくて初めて 分かった寂しさからくる 痛さキモチが 大きくなればなるほどに なんにも手につかない遠くに行きそうで 泣き出しそう何度
初めてのkiss 覚えている?キミからだった ビックリ心の準備 整わぬまま少し戸惑いながらもキミに惹かれていく完全に逆転だね‘キミの1番になりたい’いつも想うから毎日頑張れる押しては引いてく波の様なキミ例え1番になれなくたってキミを想う気持ちは1番なのわかってほしい キミだけに桜が咲いたら もう一年経つよねAH 出逢えて良かったThank you oh my baby素直になれず 言えなかった不器
毎日会ってるから‘太った’とか‘痩せた’とか気付かないはずなのに鋭いキミのちょっぴり不思議で謎めく瞳に 映ってたのねささいな ひと言だけでもそれが うれしいのキミにHUGされていたい腕の感覚 忘れない飽きるくらい抱きしめて(oh baby my baby)キミにHUGされない時被害妄想がふくらむセンチメンタルな気持ち今夜こそ キミだけの天使でいたい昨日 会ったばかりでも今日の朝 もう恋しいしつこい
君と歩くホームはなんてないことなんだけど腕を組み 街、歩いている君といる 優越感見つかったら いけないけど誰かに見てほしいでも夢の様な 二人の時間邪魔はされたくないけれどデンジャラス・ラブは リスクが多いだから 燃え上がる先走って 一人で ノンストップ!温度差さえ 感じちゃうよデンジャラス・ラブは ハラハラするねだから おもしろい誰も知らない二人のヒミツはポケットの中に しまっておこう突然 君とド