うたかたの僕等 — PhilHarmoUniQue

あの頃は自由に憧れて 高い空を見上げていた
僕はいつもこの両手より あの鳥の様な羽を求めた

あなたと出会ってから 少しずつその気持ちが薄れていった
あなたに触れたり 繋ぐこの手の形が 今は愛おしいから

もう飛べなくてもかまわない いつまでも変わらずに
ただ あなたを抱きしめれる この両手があればそれでいい

好きな人にキスがしたくなる そんな不思議や
二人を繋いでいる形無きモノの正体を
いつかあなたと解き明かせたら

言葉より大切な こんなにも温かな
体の何処かで溢れる あなたへの想いを感じていた

幸せで怖くなって なんだか切なくなって
抱き寄せた小さい体 あなたを守りたいと思った

時の流れに浮かんでいる うたかたの僕等
理由さえも知らず逆らえず 流され消えてしまうけれども

時間は減っていくのかな?ただ積っていくのかな?
最初で最後の世界であなたに出会えた この奇跡

無理だってわかっていても 無駄だってわかっていても
あなたと過ごすこの時間が永遠に続く事願うよ

笑わずに聴いて欲しいんだ