ironic baby – PEDRO

君のママは 僕を待っている
ソレではなく 僕を待っている
君のパパは 僕を待っている
ソレではなく 僕を待っている

滲み出る汗と匂いがあの娘の記憶埋めてく
くたばれ愛と性 深い深い不快

骨、髄まで
入り込みたい
コントロール不能
吐くアイロニー

君のママは 僕を待っている
ソレではなく 僕を待っている

青を知った途端にあの娘は垢抜けていく
ほとばしる嗚咽 暗い暗いcry

骨、髄まで
入り込みたい
コントロール不能
吐くアイロニー

僕の中にはあなたがいます
桜が散る前から
道路が白くなる前から
肌寒くなる前から
太陽が酷く近い頃だったっけ

こんなに好きなのに

骨、髄まで
入り込みたい
コントロール不能
吐くアイロニー