一生分の愛をあげよう、君に。心底僕が惚れてる好きな人一生分のキスをあげよう、君に。ずっとこれからも僕の好きな人八畳一間 僕らの部屋 二人じゃちょっと小さいから早く住もうな 大きな家 出来れば庭付きの一戸建て「でもね、手を伸ばせば居るんだよ…。」そう言って僕を擦った。ほこり被った写真の中 君の知らない女の子楽しそうに手と手握ってる 青冷めていく僕に君は言う「そんな人も居たからこその君…。」そう言った
「最初はこんなはずじゃ…。“なかったんですけど…。”」秤にかけてた好き℃ 高みの見物から一瞬で!Aa Aa Aa こんなはずでは…絶対! ありえん!! こんな奴と!!!って…。そんな経験て ありませんか???気づけば付き合って…はまっちゃって…Aa Ha Ha 二人で居る時Aa Ha Ha 最高の時例えていうなら 晴天の霹靂“こいつに、惚れちゃった”って分かった好きにならずにられないこの気持ちは止
今宵、盛大に。人々の鐘が。響き渡ってく。そんな夜。もうちょっと、踊ってみせて。僕が出した答え。綺麗に着飾った あなたをずっと見ていたいそっと手をとってくれますか? 「いいよ。」廻れ今夜ダンスYou know nothing. Your world, your beautiful mind.Time and tide wait for no man.