ゴールデンアフタースクール – OxT

目一杯 空に背伸びした
教室の木漏れ日の窓際
終わりのチャイム スタートの合図
よういどんで駆け出した

グラウンドにはもう君がいて
どんな裏技だよって笑って
誰が一番なんてこと大げさに競い合った

嗚呼 青い春のシルエット 包み込むように
季節が大人に変わっても

忘れるわけがないだろう
君と過ごした燃えるような黄金の日々を
あの放課後は続いてく
街に暮れゆく太陽
暗くなるまで追いかけた夢は今でも
色褪せたりしないよ

なりふり構わずに飛び出した
教室に忘れ物などない
だけどひとつ ただひとつ
たまに胸をよぎるよ

嗚呼 ちくり刺さるリグレット 振り払うように
僕らはどこまで行くんだろう

終わらせたりしないよ
我を忘れてとめどなく流した涙も
勲章だと思ってる
まるで沈まぬ太陽
あの日響いたチャイムから放課後は今も
ずっとここにあるよ

ゴールがどこなんて 全然わからないけれど
僕らの物語は繋がってる 繋がってる

忘れるわけがないだろう
君と過ごした燃えるような黄金の日々を
あの放課後は続いてく
街に暮れゆく太陽
暗くなるまで追いかけた夢の中から
君が笑いかけるよ