All my starlight falling above youAll my starlight leading the wayThe sun is hidden
あの場所の匂いの染みる汗をかきながら元来た道を力なく思い返す今出来る事は現実をありのままに見つめ耐えること軽薄な淋しさに起こされた朝も曖昧な涙に疲れて寝ついた夜も煌めくような悲しさを見え透いた儚さと一緒に連れて誰にも告げず 一人一人 雨を飲むように雨を飲むようにただ待ち焦がれる欲しいものが多すぎて結局何一つ手に入れず全てを諦めてしまうように誰かに相手にされたくて結局誰とも語らず黙って去って行ってし
It seems to me a riotous remedy to rectify realityis a dream that cant
March in time blindly follow decorationCrouch behind invisible segregationCry inside for those fleeting temptationsClose
飛び立つ時たいした訳も無く思いのまま昨日を振り切ってここではまだ答えは見つけずに次への場所は 今よりきっと別れの時 いつものことだよと笑いもせず言葉も遠くなり溢れかけた思いを内にして目も合わせずに 最後にずっと笑いかけた夢の欠片集めて 明日はどこへ行く答えた君 ベルの中 何も聞こえずに気づいた時 華やぐものも無く閉ざした時 一人は重くなり降り立つ時 思いを口にして抱えたものも いつかはきっと忘れて
Wandering wondering what is in store for ussimplicity lacking some meaning for mewithout small
Follow me under the trees Im endlessly,Playing games of empathy,Catching trains to follow the
A hundred mountains from the road,Smile along a stretch of sky,With a lullaby in
Look into another light,You have the right,To make it better,Trust is what you gain
Soft whir of wheels,Wind from the south,Cut strait through the mountain,On the road home.Its
We washed our souls in whiskey,Drowned our tears away,Passed another station,Heading home to Tokyo
So you think you can walk all the way to the valley?Wipe yourself off
Pepper in the air,Cant stop this sneezing from the junk.Even in the afternoon,Serve it
ごらんよここにまた日が昇が登る覗く暗がりのその先を夢見てくれよ残る大地と新しい光景をごらんよここにまた人が来る慣れた手つきで積み荷を解く曇るガラスを手で撫で映る暗闇が立ち並ぶ深く眠る君の寝顔を思いながら跳ね返る泥を払うご覧よここに また日が昇る指先は明日を指す幾千の夜も 山も川も超えて君の住む街へ やがて見る街へ痛みも不安も紛れた闇の中で月と競う俺達はごめんよここに また鳴り響く騒がしい明日を待つ
冷たい夜風が運ぶ光とそのメロディーに今は待ちわびた喜びのその中で眠らせて溢れた朝日が結ぶ期待と不安の明日を急いで君にただ会いに行く今夜は夢見させて眩しい記憶の中に迷いこんだその時も互いに目を合わせ来た訳をあと少し聞かせて遠く どこまで僕らは行くのだろう遠く いつかは僕らの旅も終わる抱かえた胸のあたり微かに聞こえる君の鼓動が教えてくれるどこから来たのどこまで行くの苦しく切ない雨も暗い闇の坂道も全ては
うつむく顔 遠ざかり 君がいるいつの間にか 消えていく 影のようその時 まだ君の名を 知らなくて鏡の中 手を振った 影を待つ遠くで ほら泣き出した  声響く振り返れば 笑ってる 傍にいる当てなく  いつ旅立って行くのだろう思いのまま さよならをするのだろう世界に ただ  微笑んで 何処へ行く世界に ただ 束の間の  夢の跡
埋まらないこの距離を連れ添りながら羽の生えた足跡追いかけ走る人波を他所につまらない風景も一人も耐えた雨ざらしの朝にも 追い風吹かぬ夢萎えた夜もいつか交わした約束止まりかけてく足音動かないこの足と夕闇に静かに灯った街の灯よ座り込む道端に置き忘れてた羽の生えるはずない背中を汲んだ誰かの後押し手が届きそうな場面もそこまで来ては逃げて行く引きずる一足と夕刻の足元照らした街の灯よ動かないこの足と夕闇に静かに
Whats true if not whats seenWhats brighter than the sunAnother day is doneWhats brighter
光も影もやがては消え行く少し身を寄せて微笑んだ君も叫んでみても遠ざかるあの日のようにうずく街の灯 風は揺らいでままにならない恥をめくった笑い声に 遠い明日に耐えきれない傷を数えてた答え捜し ただ突き刺した胸打つ場面も 届いた言葉もまどろむ間もなくすべては瞬き消えると誰もが言わずに叫んでくれよ 今ここであの日のように汚れた希望さえも神の名もここまで辿り着いた理由すら忘れて最初についた嘘終わりはないと
Of all the gloomy places I could not abode,I settled in a river riddled