楽園の君 — osterreich

弔いと呼吸満たした
飴の水槽をなぞった
誰かがその指先を「楽園」だと言ってた

うみべの気球に火がついて
落ちる君の顔が笑ってるようにみえた

なあそうだろ?
最後のページ書いてあった!
「愛すること、叶わなくとも」

間違えたままぼくら生まれてきたね
帰り道も思い出せずに
ずっと

木蓮とソドムの際
からのゆりかご揺らした
例えばその光景が楽園だとしたら?

いつから眠っていた
判決が聴こえた
車輪の下、三月孵化した!

なあそうだろ?
最初のシーン覚えていた
エーテルの底、目が覚めぬとも

すれ違う地獄の窓でいつも探しているよ
変わり果てた君を
別の体で

そうだろ
最後のページ書いてあった
「愛すること」

何一つ赦せずに生きていくか
笑った顔も思い出せずに
ずっと?