So Far So Good – Omoinotake

積まれたままで 埃をかぶった小説
そういや君に 借りたままにしてたっけ
いつかのBGM 擦り切れかけのCD
そういや君に 貸したままにしてたっけ

朝まで語り合った 夢の調子はどうだい
じゃあまたねって手を降った あの日からどれくらい
心配なんて少しもしちゃいないのは君も同じだろう
音沙汰なくても わかってるから

So Far So Good
僕は変わらず
くだらない時間を愛しく過ごしてるよ
So Far So Good
たまにはどうか顔を合わせて
手を叩いて笑い合っていようよ
So Far So Good

足りない弦を かき鳴らし唄ったメロディ
なぜか思い出して 頭を離れない
引出しの奥の 色褪せたバンドTシャツ
なぜかいつになっても 僕は手放せない

人づてに聞いたよ 君の最近のこと
できれば君の口から聴きたかったなぁ
心配なんて少しもしちゃいないけど
どこか切ないや
大人になるって こういうことかな

So Far So Good
僕は変わらず
くだらない時間を愛しく過ごしてるよ

So Far So Good
たまにはどうか顔を合わせて
手を叩いて笑い合っていようよ
So Far So Good

寂しくないと言えばさ
嘘になってしまうから
思い出だっていつかは
掠れていってしまうから

So Far So Good
僕ら変わらず 何も変わらず

最近の僕は 思い出にふけてばかり
涙脆くなった 僕を笑って

So Far So Good
僕は変わらず
くだらない時間を愛しく過ごしてるよ
So Far So Good
たまにはどうか顔を合わせて
手を叩いて笑い合っていようよ

So Far So Good
So Far So Good
そう何も変わらず
僕ら変わらず
何も変わらず 顔を合わせて
手を叩いて笑い合っていようよ
So Far So Good