lake side – Omoinotake

lake side この際連れ去って
静かな湖畔に寄り添って
lake side 伴い連れ去って
確かな予感が灰になってしまう前に

喧騒はとうに
過ぎ去った時間を嘆くだけだから
くだらない 音の群れ
シティのルーティーン
抜け出してこのまま 消えてなくなっても
変わらない この都市の飢え

情景がふいに 目の裏をよぎった
暮れて憂いを持つ なびいた水面の
透明なブルーに
悲しみはないから 映しだしてみてよ
絶え間ない この都市の裏

もういいや おやすみ
とめどない不快 ヘッドライトに流して
焦燥はいつしか 潮風の中

lake side この際連れ去って
静かな湖畔に寄り添って
lake side 伴い連れ去って
確かな予感が灰になってしまう前に

粘る夜、風に教えを請うさ
湖畔に浮かべた言葉はどこか
来たるべき 揺れる夜
明けたそのときに孤独かどうか
暮れて遠くなる向こう岸へと
いつも見失う自分はどこか
離れてく 揺れる夜
明けたそのときに杞憂はあるか

もういいや おやすみ
とめどない不快 ヘッドライトに流して
焦燥はいつしか 潮風の中

lake side この際連れ去って
静かな湖畔に寄り添って
lake side 伴い連れ去って
確かな予感が灰になってしまう前に