Blanco – Omoinotake

廻る螺旋状に 彷徨い続ける
平行線じゃないことだけが まだ救いだ
真夜中の3時 沈黙の声がする
このまま二人はどこに行くんだろう

顔色を伺って 二人タイトロープの上
踏み外す勇気さえ持たずに踊ってる
駆け引きはもうやめて こっちにおいでよ
素直に口にできれば それでいいのに

僕ら二人ブランコみたいに揺れる
交わっては離れていく 宙に浮いた想いよ
すれ違いざま 伸ばす手を握り返して
地上に降りて君のこと 抱きしめられたらいいのに

見え透いた嘘に気づかないふりをしてる
境界線のない関係で ただいたいのに
真夜中の3時 プライドが邪魔をする
あの日のように 分かり合いたいのに

言葉を疑って 二人長い迷路の中
名前を呼ぶことさえできずに迷ってる
駆け引きはもうやめて そっちに行くから
何も言わずに 隣に腰をかけてよ

僕ら二人ブランコみたいに揺れる
交わっては離れてく 宙に浮いた想いよ
すれ違いざま 伸ばす手を握り返して
地上に降りて君のこと 抱きしめられたらいいのに

さよならだけは言わない理由を教えて
君を想えば想うほど離れ離れ
どうかしてる

僕ら二人ブランコみたいに揺れる
交わっては離れてく 宙に浮いた想いよ
すれ違いざま 伸ばす手を握り返して
地上に降りて君のこと 抱きしめられたら

ゆらり揺れる どこにだって僕ら飛べる
あの日恋に落ちたように 重なりあっていたいよ
すれ違いざま 伸ばす手を握り返して
地上に降りて君のこと 抱きしめられたらいいのに