1992 – Omoinotake

一瞬の感性 扉開く灯りを
立春の惰性 引きずって悟りを
listen, radioから流れ出したmusic
やたらとmajestic 笑っちまうな

雨上がりを祈って夕立ち

holidayも半分を過ぎちまったから
砦も崩壊 肩落とすあなた
always気怠いって 寄り添った肌
codelessでも 繋がってけるだろ

昼下がりのうだった水無月

ぽつりと ぽつりと 窓濡らす
映るの ぼやりと 君との退屈

1992 言葉はもう
rainy rainy season 要らない
kiss me kiss me, take me faraway
踊るslowly slowly 明かり落として

flashback 降りそそいだ雨
毎晩うなされ 嫌んなっちまうな
ふいにclock目に入っちまったから
見て見ぬ振り やりすごしてく夜

TV永遠と 際限無く 告げる予報
予想通り あなた鳴らすbuzzer
weather どうかjokeだっていい
error だったと言い換えてこんなweek

梅雨が この梅雨が 明けるまで
どうか ねえどうか 愛しい笑みを浮かべて

1992 言葉はもう
rainy rainy season 要らない
kiss me kiss me, take me faraway
踊るslowly slowly 明かり落として