欠伸 – Omoinotake

つられて泣いた 映画のエンドロール
君があまりにも 綺麗に泣くから
つられて笑った 退屈なワイドショー
君があまりにも 無邪気に笑うから

寝ぼけた顔を 見合わせておどけた
鏡のように二人 いつでも同じ表情で

大きな欠伸に 小さな喜び
クシャクシャの顔 隠さずに見せた君が
大きな欠伸に 隠した涙に
僕は気づかないままで いつまでも隣にいれると思っていた

つられて口にした 夜のチョコレート
君があまりにも 美味しそうに目を細めるから
つられて歌った 浴槽でラブソング
君があまりにも 懐かしそうに歌うから

寝癖のついた髪のままでじゃれた
柔らかな朝はもう 触れられないほど遠くへ

大きな欠伸に つられ笑う日々
クシャクシャの顔 隠さずに見せた君が
吐き出した息に 隠した言葉に
気づけていたら 君は消えない後悔だ

君がさよなら 口にするまで
掛け違えたことに 気づきもしないで
記憶の中の 君を辿っても
答え合わせは できないままで

大きな欠伸を 空っぽの部屋に
思い出だけは 吐き出せないままでいる
君のいない日々 歩み止めた時計
幸せはそこら中に浮かんでいたんだと やっと気づいたんだ