Earphones was my shovel. During class,couldnt stop digging my own holeImagination like balloons flew
You need a place to sit downLike a calm calm fluffy chair休まなきゃ死んじゃうBut the train
Im just a Dreaming ManIm just a Dreaming ManIm just a Dreaming ManWe never
I dont know why? 無邪気に揺れる アルバムのページめくる度 なぜか叱られているみたいでStopI dont know why? あの日胸にしまい込んだ歌がかすれる度 やり過ごす自分をかばってさどんな風だ 孤独に逆らって愛し合いどんな風だ こぼれ落ちた夢を許し合いそんな風に ただ踊っていたいんだろう 夢見ていたいんだろうWell you know?Remember we were
君の前にいくつかのドア 過去や未来や今現在そのほかにもいくつかの可能性朝にはいつも電車の中 穏やかすぎる悪意の中いつも結局誰かのせいHow Does It Feel? どうだい?わかってると思うけれど何もかも嫌になっても 何度でもドアを開け続けんだ(Can You Open The Door?)もし意味がなくても何もかも嫌になっても 何度でもドアを開け続けんだ(Can You Open The Door
Diffelent in you Eyes いつからだろう何を聴いても 昔ほど心に刺さらない余計なことを 考えすぎて何も素直に受け取れなくなってしまった純粋なHeart 今はもう無いの純粋なHeart もう戻らないのDiffelent in you Eyes 馬鹿みたいだろhuh 望んでた未来はこれなはずなのにいや今も泣けるさ 好きな音楽ででもこれもただの強がりに過ぎないのかな純粋なHeart 君
Stop! Stop! Buying things everything is on the cloudShare! Share! Properties collections doesnt mean
I wanna get higher I wanna feel stronger夢の中にずっといたいや So I walk a little fasterI
ストリートミュージシャンがいた 1人でギター、掻き鳴らしながら彼はこう言った 金をくれ タイムマシンを買って1950年代に帰るんだって俺は小銭を投げ入れた二度と会えない街や人や物や現在生きていることを誰に残せるか 今残せるかいつからだって...酷い雨が降り出して工事現場の人たちは仕事の、手を一度止めて急ごしらえのトタン屋根に集まって 歌を歌ってたここは神の住む国、決まった時間に聞こえる神への祈り、
気まぐれで線路を降りなくて答えは結局同じだろうずっとずっと手を握り合っていても全てが同じでいれることはありえないどれだけ強く目を固く閉じてても望んだ分だけ離されていくのさRound and Round 時に愛は罰僕らは偶然に恋に落ちて離れなくなって偶然にまた別れる 繰り返すまた偶然に恋に落ちて離れなくなって偶然にまた別れる 繰り返す時間が経つのは早すぎて振り向けば全部変わっていた?もしもなんて意味
何気なく見上げた月が大きくて息をする事も忘れてしまった俺の精一杯の破壊活動なんて出口になるような穴さえ開けられないこんな美しい景色 見せてどうしようってのさ俺じゃ何も変えられないって 言われているような気分だ大雨の中で ビートルズが聴きたい美しい空など ズタズタに切り裂いてBeauty Beauty Beatiful One Day
戦争は 最悪だ!みんな、誰もが知っているハデハデのシャツを着てフレッシュなジュースを 飲み干したところおいおい ボブ・ディラン時代は変わったかい?ボロボロのハンカチ 振っている弱い者からウえ死にだ~花の模様のビンテージ・テレキャスター聞かせて今夜“Subterranean Homesick Blues”おいおい ボブ・ディラン時代は変わったかい?手のひらが 燃えだした大事なもの 燃えている手のひら
Everybody dancing time 欲望は終わりがないEverybody dancing time 欲望は終わりがない90S TOKYO BOYS in Friday night wow 新宿まで小田急line90S TOKYO BOYS in
退屈がハレツしそう放課後まであともう少し時計の針 まわれ まわれ まわれ当たり前なんだ クソみたいなんだブチコワシテ 走り出しておさえきれない その足で割れそうな頭、ツキヤブレもううんざり 体の中あふれ返ってるビビビビビンビン先生今日もオレのコト机に縛りつけて冴えない話 長々とどうもありがとう!もうジューブンだ!!教室抜け出し 外の世界へ目を覚まして 歯を磨いてすべて全部 捨てちまって靴もいらねぇ
今夜オイラと踊ってくれないかい?今夜オイラと踊ってくれないかい?君に教えてあげよう 悪い遊びをそうだぜbaby! 太陽が隠れたなら、もう遮るものはなにもないからleave me alove!yeah!yeah!君のコトもっと yeah!yeah!教えてくれよyeah!yeah!君のコトもっと yeah!yeah!教えてよしかめっ面どこか吹っ飛ばしてしかめっ面どこか吹っ飛ばして君の心咲いてる 大事な
何かが足りない 何かが足りない夢の中でさえ 何かが足りないOh please dont stop babyOh please dont stop babyなんだかかんだか 何かが足りない満足出来ない 満足出来ないどこへ行っても 何をしてようとOh please dont stop babyOh please
朝の光ほのかに 赤みおびて流れ込みいつものように 朝がきたもう終わらせよう君が目覚める その前に僕は出ていくんだいつか終わる 毎日終わる前に君のこと 起こさぬように そっと出ていくんだ眠ってる 君のこと 起こさないように逃げ出す訳じゃ ないけどこのままじゃ僕は 腐っちまう明日の空へ 跳ね返る言い訳踏みしめて君のこと 起こさぬように そっと出ていくんだ眠ってる 君のこと 起こさないように高々と響く 
I dont mind other guys dancing with my girlThats fine, I know them all
おまえがいくら めかしこんでおれの前に やって来てもそんなことには かまっちゃいねぇおれはただおまえとやりたいだけどんなにわがまま 言ったとしてもうるさくベタベタ よって来てもそんなことには かまっちゃいねぇおれはただおまえとやりたいだけおまえがいくら めかしこんでおれの前に やって来てもそんなことには かまっちゃいねぇおれはただおまえとやりたいだけ今夜はとても 眠れないおまえの体 思い出してそん
さぁさぁ みなさん 寄ってらっしゃい別にオレは 怪しいもんじゃない占ってやる 占ってやるあんたの未来 教えてあげようギラギラ光る 指輪を付けてこっちへおいで 案内するからこっちへおいで こっちへおいでイカれた明日まで 踊り続けよう腰をフリフリ 床を鳴らして君のために おどけてみせよう預けてみな 預けてみなタロットカードに お前の全てさぁさぁ みなさん 寄ってらっしゃい別にオレは 怪しいもんじゃない
ギャーギャーわめいてる子供叫んでる足りない気持ちひとりぼっちグリーンのスポーツカーイスが並んでるママはもういないひとりきり世界が変わるそのとき世界が変わるそのとき世界が変わるそのとき誰の助けもいらないよ花が散り 目の前に 群衆に立ち尽くす 水の中に 突っ立ってHOW?HOW?HOW?HOW?HOW?HOW?HOW?世界が変わるそのとき世界が変わるそのとき世界が変わるそのとき誰も助けちゃくれないよ右
吹き飛ばせ吹き飛ばせ なにもかも吹き飛ばせなにひとつ残さずに 全てを蹴散らかして(RUN RUN RUN)駆け抜けろ (RUN RUN RUN)駆け抜けろ(RUN RUN RUN)駆け抜けろ (RUN RUN RUN)駆け抜けろ止めどなく果てしなく 続いてくどこまでもガチャガチャクチャクチャ 音立てて…(RUN RUN RUN)駆け抜けろ (RUN RUN RUN)駆け抜けろ(RUN RUN
暗い夜に怯えていたんだYou said you wont be late,and we could see some stupid movie甲州街道タクシー渋滞 だから機嫌悪そうなんだねYou look so
I was rockin Central Park one eveEnjoying the cold summer evening breezeCant you feel
Everybody whatre you listening to now?Everybody tell me some good music (Everybody tell la
Loves like a secret dreamLoves only foolish mysteryLoves like a secret dreamLoves only mysteryWENDY もう一度連れてって 夜のすき間に君を忘れないため 幻だっていいずいぶん前のはずなのにさ 昨日のことみたいなんだよねあれからそれなりに年をとって大人になり約束したのも忘れたけど 思い出はやけに鮮
滑走路飛び立って行ったなら生まれた街は小さくなる全てが急に変わっていくんだいつのまにかなにが本当なのかわからない誰でも嘘を嗜むから道もない空を飛んでいくあてもなくさねえなんか 見えなくてもいいことばかりなのさいつも逃げることにした俺に優しい言葉かけて何時間分も時差ぼけがあるようななんかちょっと取り残された気分で捨てきれない愛は飛行機雲のように尾を引いて引きずったまままとめる言葉は何もなくそっと滑り
Realised why you didnt get on the same taxi I didI saw you kissin
週末は家を 一歩も出なくて 悪い癖がより強まった何度も電話 かけようとしたけど とうとう全部未遂に終わったエアコンの調子がどうもおかしくて 悪い汗が流れていった少しでも話が できたのならば うまくいくなんて無理な話だった真夜中のラジオを 聴けばかかる流行り廃りのポップソングいつも僕らを置き去りにする照らしてほしいんだ どこか冷めたままで通り過ぎる名も無い星でも君も同じように見えるの?照らしてほしい
憂鬱なエブリデイ 死ぬまでの間に退屈を忘れさせてあげようそんなこともうさ 考えるのやめるんだとりあえずいいから始めようねえ 純情に 愛情を 注ぎ過ぎて結果損したわ感情は 単純じゃない 頭悪いふりしてやり過ごせないもし何もかもが全部 決められたルールで良いも悪いもただ予定通りで最初からそうと 決まっていたならうまくいくなんて勘違いかしらね?Hey! 1,2,3 カウントを取れよそれはある種の呪文みた