白い坂道が空まで続いていたゆらゆらかげろうが あの子を包む誰も気づかず ただひとりあの子は昇っていく何もおそれない、そして舞い上がる空に憧れて空をかけてゆくあの子の命はひこうき雲高いあの窓で あの子は死ぬ前も空を見ていたの 今はわからないほかの人には わからないあまりにも若すぎたと ただ思うだけけれど しあわせ空に憧れて空をかけてゆくあの子の命はひこうき雲空に憧れて空をかけてゆくあの子の命はひこう