灰色の雲が 私を包んでた時に太陽のように あなたが照らしてくれたのもしほんの少し時間がずれていたら 広い空の下違う道を歩いてたかもね 誰にもわからないことここから生まれゆくメロディーあなたとなら 作れそうな気がしたTo be with you 泣きたいくらいに二人で見る空が青すぎてこの色を心に染める簡単に見えて 全てがうまくはいかない臆病になって あなたの言葉に救われこの空に何を見てどんな未来を