鏡の中の青い月は裏側見下ろす街は醒めることなき人の群れ瞳に映る見飽きた顔に爪を立て途切れた記憶 ため息に乗せて棄てた繰り返す罪と罰この胸に突き刺して崩れた硝子の絵 ひろい集める夢漂い続ける君の名前さえも失くしてしまいそう孤独な楽園 虚ろな揺り籠止まった時計笑うように時は過ぎる窓辺の花は散り往く運命(さだめ)を忘れこの身を縛る鎖の痛みに酔って乾いた記憶 無慈悲な雨に浸した願わくば君の手でこの胸を切り