Close your eye, Ill be thereStay with me, babycause you can believe in meしゃべり過ぎたら
ふざけて僕の頬にそっと ふれる指先冷たい風に ここにはいない キミを思い出したいつでも側に揺れてた 髪の香りと不安な笑顔まだ記憶かすめ 思わず手をのばしたキミにいてほしい 最後の朝に伝えてたら 引き止めてたなら大事なものを失くした場所から動けないよあの日と同じ気持ちに はじめて二人並んだ窓にまた戻る時を ひとり夢見てたの?キミにふれたい 強く抱けるなら守りたいもの もう迷わないのに声にできずに 立
あとひとつの言葉だけで届いたかもしれない臆病なぼくたちは気がつかないふりして出来もしない約束なら口にはしない、なんていいわけして 本当は、そうまだ自由でいたかった理由もなく憂鬱をならべてはその心に鍵をかけていたんだstay いえない想い抱きしめてきみはぼくに手を振ったstay 頼りないこの自由はぼくが望んだから好きなだけじゃ、続かないよ最後にそういったね甘え過ぎるこんなぼくにたぶんきみは優し過ぎた