Walking with you – Novelbright

数え切れないほどの想いを
今ならきっとあなたに届くように叫ぶよ

いつからかその目に映る景色全てが
まるで光の無い闇の中を見ているよう
悲しみに怯え逃げ出しそうになった時
あなたがくれた言葉に救われたんだよ

鏡に映る自分が徐々に徐々に
魔法がかかったように変わっていくけど
相変わらず無邪気な笑顔の
あなたを見ていたいから

数え切れないほどの想いを
いつまでも贈り続けてくんだずっとずっと先も
繰り返し心に誓うよ
手を握りずっとそばにいるんだそして決して離さないよ

I make up self mind.
that I’m just keeping to go my Chose way from now on.
somebody cannot stop me.
No matter what you said,
No matter what you thought.

心が折れかけ諦めそうな時も
何も言わずただ抱きしめてくれた

時々君の言葉は理不尽で
苛立ちを覚えるような瞬間もあるけど
そんな君が僕は愛しくてこの手で守りたい

移り変わり行く季節を
この目であなたと眺めていたいな
どんな色でも愛することができそう
絵に描いたような幸せを掴み取ろう

50年後の未来もきっと
知らぬ間に幸せの意味を見つけ出しているんだ
世界中の誰よりもずっと
この先もあなたと二人でもっともっと前へ歩きたい Oh..
輝く星のような君となら
数え切れないほどの願いを
いくらでも叶えて行けるはずさ
何度だってずっと We can do it.