Sunny drop – Novelbright

逢いたいと泣く空の彼方
変わらず笑う君が今も愛しいんだよ

五月雨に浮かぶ雲間眺めても
憂い放つ陽は見えないけど
降りしきる雨は言葉もないままに僕らを
二人だけの場所へ誘うだろう

忙しない毎日に 相変わらずのわがまま放題さ
気がつけばほら君は姿を隠す

逢いたいと泣く雨上がれば
空は君の居場所を照らす
想定外の風に吹かれ
明日は僕に行き先知らす
きっとまだ強がりなままで
笑う君が愛しい日々よ

潤す目に映る群青色の空
夕焼け色づき頬を撫でる
恋に似たような夢を描いてみた僕らは
道は違えど駆け出したよ

繰り返し負う傷が疼く日だってあった
でも簡単に逃げ出したくないやと 涙目を擦り繕う笑顔で
立ち尽くす君の姿を探す

散々泣いた雨あられで
傘も持たず足早に行く
最低な色のこの空も
明日は君を見つけてくれるのかな

逢いたいと泣く雨上がれば
空は君の居場所を照らす
想定外の風に吹かれ
明日は僕に行き先知らす
きっとまだ強がりなままで
笑う君が愛しい日々なんだよ
何年先も変わらないままで
照らし出すよいつだって君を