candle – Novelbright

あなたに届かなかった言葉
わかってる実らない果実を
待つほどにバカなわけじゃないからさ
もうさよなら

淋しさに疲れてその手に抱かれ
恋をしたフリしてあなたを重ねて
満たされた気になって繰り返すだけ
冷たく突き刺さる本音が邪魔だけど

赤々と激しく揺れる炎は
優しく傷口を癒してゆくよ
今だけは一度きりの罪と言い聞かせて
飾られるだけの愛は
ただ美しく崩れていく

どれほど後悔を辿っても
いまはもう誰かのそばにいて
あたたかい幸せを感じるのに
目をそらした

唇が触れあってこの手に抱かれ
愛されたフリしてあなたに溺れて
想いが深くなって繰り返すだけ
途切れない糸は螺旋を描いて

こんなにも眩しく燃え上がるのに
浮かび上がる影はあなたじゃないの
消えていく好きじゃないから?いつもそばにいるのに
壊れそうに微笑むから
触れるたびに滲んでゆく

暗く冷え切った部屋で二人言葉もないまま
目を閉じて考えてた雨音だけ響いて
好きになれたら
あんなにも虚しく燃え尽きるのに
あなたに触れたくて灯してしまう
もう一度ワガママでも私だけ見ていて
創られただけの愛は
また美しく崩れていく