Believers – Novelbright

これだけは負けてたまるかと自分言い聞かせて
ひたすら前を見て情熱注いできた
現実は抱いた期待は夏の蝉のように
儚く消え去って降り注ぐ涙を飲んだ

今すぐに報われない努力でもいつかきっと
羽ばたく日が来るんだろう

僅かしか見えぬ頂上だって
イメージ膨らまし越えていくんだ
雄叫び上げ
胸張って揺るがない想いを共に
信じたものだけは見失わないで
転がって踏ん張って立ち上がって
行くよ未だ見ぬ場所へ

いつだって逃げ出せる瞬間はあった
でも自分に負けたくない涙も全部自信に変えて

気がつけば暗がりに朝の陽が照らされていた
このまま道を進んで行け

どれほど悩み挫けたって
幾度もこの手で越えてきたんだ
もう怖くはない
自分と人を比べなくていい
誰かが決めた勝敗は要らないさ
不安を期待に塗り替えて
人は自分に勝つんだろう

間違ってもいいじゃん
不器用でもいいじゃん
この先で約束を果たせれば

僅かしか見えぬ頂上だって
イメージ膨らまし越えていくんだ
雄叫び上げ
胸張って揺るがない想いを共に
信じたものだけは見失わないで
転がって踏ん張って立ち上がって
行くよ未だ見ぬ場所へ

コメントを残す