青春旗 – Novelbright

僕が生きてきたステージで 何もできない日々が来たって
躊躇わずにとことん笑える方角へ 出発のフラッグ揚げよう

開幕寸前だった あの舞台もまた消え去ってた
どこまで遠くなったって 前だけは向いてたいけれど
どんな昨日も今日だって 明日を強くさせるんだと
信じて全部乗り越えた でも先はまだ見えない

たかをくくって戦っていたって
負けそうな時だってあるけれど
木漏れ日がそっと道のり照らしてくれるから
諦めず踏み出して

僕が生きてきたステージで 何もできない日々が来たって
過去も全て声をあげて間違いないと叫べ
誰かの目なんてどうでもいい 誰よりもはしゃげ!走ろうよ
躊躇わずにとことん笑える方角へ
出発のフラッグ揚げよう

簡単そうに成し遂げた あの人はすごい人なんだと
持って生まれた才能が 違うとため息を吐いた
散々だった前例が 走るスピードを落としていく
もうダメかもしれないと 負けを認めて生きてきた

思い通りにいかない日々だって 誰かと比べる前に自分を
愛してあげて分かってあげたその先に
変わりだした僕がいた

今まで抱えてきた後悔もそっと撫で下ろして
青春は未完成さ 正解も不正解も笑え

僕が生きてきたステージで 何もできない日々が来たって
過去も全て声をあげて間違いないと叫べ
誰かの目なんてどうでもいい 大袈裟な一歩を踏み出して
もう迷わない とことん笑える方角へ
出発のフラッグ揚げよう
僕らの目指す場所へ

コメントを残す