時を刻む詩 – Novelbright

何年時が過ぎようとも変わらぬものがある
命ある限りそれは続いていく
不安で先が見えなくても進む自分を信じて
想いは途切れず遥か彼方まで

無関心な人の山
押し潰されそうだけど
諦めず歩いていく
何処までも歩いていく
誰かがそうだからとか
周りはこう言ったとか
目もくれずに自分を貫いた

ここまでの険しかった道のりは
神様が与えた試練だと思って
風は今追い風へと変わり
やっと僕らが全てを捧げたものの意味を知ったんだ

簡単に成し遂げられる夢はつまらないよね
人生一度きりの大冒険しちゃおうか
満天の夜空眺め肩組み抱きしめ合う
あの時間が今の僕らを形成した

土砂降りの雨の日も
炎天下続く日も
僕たちは旅に出た
君たちも追いかけた
ぬかるんだ足下で
転げてしまう時は
君が僕らを救ってくれたんだ

この先もこれだけは揺るがないよ
どのページも君と足跡をつけること
約束さ50年後の未来も
きっと僕らは同じ時を刻み息をしているよ

探していたずっとこの場所で
出逢えたこと心からありがとう

ここまでの険しかった道のりは
神様が与えた試練だと思って
必ず届くと奮い立たせた
やっと僕らが全てを捧げたものの意味を知ったんだ