愛とか恋とか – Novelbright

月曜日の朝 憂鬱な気持ちも 君と会う日を思い浮かべれば
いつもの道に優しい風が吹き 心弾ませ今日が始まるよ

昔は聴かなかったあの歌や 映画や香水の匂いでさえも
君が好きなものってだけでさ どうして僕も好きなんだろう

こんなにも
愛とか恋とかの言葉で片付けられないくらいの
『愛してる』が溢れ出して 止まらない想い
君も同じかな 伝えよう目を見て 今すぐ走った
離れないように 離さないから 抱きしめたいよずっと

会えない時は思い出をめくって 近くに君を感じて励まされ
携帯に映る君からの通知を 開く時間に笑顔になれるよ

僕の腕で君が眠る夜も 夢でもいつでも君と過ごしてた
目が覚めても夢は醒めないまま 心が君で満ちていく

こんなにも
愛とか恋とかの言葉で片付けられないくらいの
「愛してる」が溢れ出して 止まらない想い
守りたい明日も この先訪れる未来を全部
預けてほしい 君以外はもう他には何もいらない

「なんともないよ」「大丈夫だよ」
溢す口癖 僕は気づいてるよ
弱くてもいい、泣いてもいいんだよ
僕の前で強がらないで

愛した理由はさ
ありきたりなのかもしれないけど
君以外には考えられない

愛とか恋とかの言葉で片付けられないくらいの
『愛してる』が溢れ出して 止まらない想い
君も同じかな 伝えよう目を見て 今すぐ走った
離れないように 離さないから 抱きしめたいよずっと

コメントを残す