優しさの剣 – Novelbright

深い眠りだった夢の中
争いを避けて通れない道を歩いていた
鳴り止まないな 悲しみが
安らぎを求めた先に希望はあるのか

間違いだらけの世界から
抜け出す一筋の光は
愛する気持ちの中 夜明けはすぐそこ

そっとあなたの心の中にある
優しさの剣(つるぎ)を取り出して
不安を切り裂いて
きっとこの手と手取り合って寄り添えば
温もりに包まれ幸せの朝陽が照らすよ

理想と現実の狭間に居た
迷いながらも答えを見つけ進まなくちゃな

勝ち負けばっかりの世界線
心削り合う最前戦
暖かい風を受けて 愛の詩叫んだ

何度悲しみの夜が訪れても
一人じゃないと知ったら 煌(きらめ)きが
僕を連れ出した
やっと出逢えたよ 生きていく喜びに
どんな未来になっても構わない あなたが居てくれれば

僕ら悩み嘆き精一杯生きていく
一瞬で消える日もあるけど
そんな目まぐるしく変わっていく毎日でも
いつか報われるから そう信じて

そっとあなたの心の中にある
優しさの剣(つるぎ)を取り出して
不安を切り裂いて
きっとこの手と手取り合って寄り添えば
温もりに包まれ幸せの朝陽が照らすよ

コメントを残す