負けっぱなしだとしても最終回などない失って立ち止まって這い上がって砕け散った理想像だって憧れだってどこにも行かない かじかんだ手を握りしめ反撃の狼煙上げ打ち抜け ほら 存在価値は自分自身で決めて超えていけ今 半信半疑だった世界は自分で変えていけその衝動でこの現実をお前で染めてくれ叫んだその声で時代を切り開け喰らいつけ 今 Brand new world 怖いくらいでかい壁が立ちはだかったって勝てないって決ま
月曜日の朝 憂鬱な気持ちも 君と会う日を思い浮かべればいつもの道に優しい風が吹き 心弾ませ今日が始まるよ 昔は聴かなかったあの歌や 映画や香水の匂いでさえも君が好きなものってだけでさ どうして僕も好きなんだろう こんなにも愛とか恋とかの言葉で片付けられないくらいの『愛してる』が溢れ出して 止まらない想い君も同じかな 伝えよう目を見て 今すぐ走った離れないように 離さないから 抱きしめたいよずっと 会えな
深い眠りだった夢の中争いを避けて通れない道を歩いていた鳴り止まないな 悲しみが安らぎを求めた先に希望はあるのか 間違いだらけの世界から抜け出す一筋の光は愛する気持ちの中 夜明けはすぐそこ そっとあなたの心の中にある優しさの剣(つるぎ)を取り出して不安を切り裂いてきっとこの手と手取り合って寄り添えば温もりに包まれ幸せの朝陽が照らすよ 理想と現実の狭間に居た迷いながらも答えを見つけ進まなくちゃな 勝ち負けばっ
はじめましてのその瞳が 僕の心の奥まで染まっていく孤独さえも憂鬱さえも 優しく包んでくれる 寒空の下で凍えそうな夜も その身ひとつで救ってくれたから頼りなくても不器用だとしても この手で守り抜くと誓うよ I wanna know youでもずっとは居られないみたい仕方のない現実でも 揺るぎない想いがあるんだよI wanna hold you 向かい風が強くても変わりはしないずっとがむしゃらに この愛守るよ これ以上
重い荷物背負い込んで 夢を謳った少年が片道切符握りしめ 都へ宣戦布告初見だらけの日々も 持ち前の明るさでみるみる世界切り開いて さあここから勝負だ なんでそんなタイミングで 彗星の如く現れた?心を貪る病原菌 お前ごときに邪魔させてやるか これ以上荒らすなよ もう一切合切消えてくれ若い未来脅かす存在は グッバイナイアガラ 自由自在に操られ 病原菌中心の生活答えの見えない世の中で 怯える人々 夜は外に出ないで
芽吹くdaisy 屈託ない微笑女(びしょうじょ)一顧傾城(いっこけいせい)の お高値 flower woman廻る(めぐる)縁(えにし) 常(とこしえ)の恋騒動自己形成とお別れ lovesick men ahとろけそう その瞳の奥でahとまれない そっと君に触れたい wowI can’t forget your smell. I want everything about you.曝け出す Your wild s
It was autumn and I was youngI had found where I belongedEverything was new
Good Morning 呼び覚ます あなたの声が目覚めの合図なのいつもより気持ちのいい朝だねGood Morning キスをした 慌ただしい日々からは離れたふたりだけの穏やかな朝だね “Can I take a bath? Can I have breakfast?But I want to
僕が生きてきたステージで 何もできない日々が来たって躊躇わずにとことん笑える方角へ 出発のフラッグ揚げよう 開幕寸前だった あの舞台もまた消え去ってたどこまで遠くなったって 前だけは向いてたいけれどどんな昨日も今日だって 明日を強くさせるんだと信じて全部乗り越えた でも先はまだ見えない たかをくくって戦っていたって負けそうな時だってあるけれど木漏れ日がそっと道のり照らしてくれるから諦めず踏み出して 僕が
目を見て打ち明けるのは 照れ臭くて だから手紙を書いたよ出逢いは一目惚れで 勇気を出した“好き”に微笑んでくれた君 僕の大切な人達の事 君も大事に想ってくれてるね優しさに救われ 今日も歩いて来れたよ繋いだ手だけはこの先も離さない この I love you の意味を生涯かけて伝えていくよ 特別な君だけに今以上にもっと君を知れる未来が嬉しくてその手をぎゅっと握りしめた 二人で見た景色は沢山あって ここでは話しきれ