差し出したサヨナラを掌(てのひら)で包んでくれたやさしさが脈を打って暖かくなる風に舞う粉雪は愛しさのように溶けてしまうならずっと このままで…泣きながら微笑んであなたを見送りましょう何度も立ち止まって心配そうに 振り返るけれど…泣きながら微笑んで一人に慣れるまではここから まだ 動けなくてそっと 手を振り小さくなる思い出の近くにいたい強がりと泣き虫がこの胸で喧嘩をしてる聞き分けのいい未来が間に入る
世界の風を僕らは受けてこの七つの海どこへだって行ける宝はどこにあるんだ?(Go ! Go ! Go ! Go ! Go ! Island !)探しに行こう!今すぐ(Go ! Go
夜のしじまに空を見上げて何を思うか?光と光連なる星に神話を思い出す暗闇の中で手探りしながら僕たちはようやく出会い愛し合った輝く日々いつか また会える日まで星の下で約束しよう今日をねえ忘れないで変わらぬ愛を信じて欲しい(Already done)時が過ぎ去っても(Already done)僕はここで待っているから“まだまだ” だって思ってたのにもういいのかい?サヨナラなんて小さな星をそうよく見つけた
学生時代 よく集まったカフェテラスを覚えてるかい?飼い主のない太った猫に“ダイエット” って名前をつけたね時間はそういっぱいあると思ってた今すぐ何かしなくても間に合う気がしてたあれから アールグレイを一度も飲んでないよ香りが大好きだったのに忘れていたのはなぜだろう?大人の真似をしながらわかったつもりだったあの頃 青春だったと通り過ぎてから気づいたよ店を閉めたって噂に聞いてあの場所まで行ってみたけど
本当の愛なら必ず伝わるなんて理想主義者の戯言(たわごと) 聞かされても信用するな人生で大事なのは自分が参加すること誰かの手を借りて告白しても無意味だ正々堂々と真正面から大好きですと言えばいいたとえ振られたとしても晴れやかだヒリヒリと心がするようなその緊張の一瞬が生きている証(あかし)だどうなるか予想もつかないさあ 未来のどこかに咲かそう ヒリヒリの花いつの日か愛し合ってしあわせ 手に入れた時すべて
初めて手を繋いだのになぜか懐かしい感触がした馴染んだブランケットのように普通に安心したんだぬくもりとか柔らかさとかどうしてこんなにわかるのだろう?大好きだよと言えない代わりにぎゅっと握ったこの道僕たちはいつも少し離れて帰ったあの日2つの影法師だけが寄り添いながら歩いた遠い学生時代こんな風に繋いだ手と手を子どものようにぶらぶらさせてふざけていたら恥ずかしくなって何だか笑えて来たんだ通り過ぎる風の向こ
ラララ…ラララ…街角のポプラ並木で生まれ変わろうと決心した風に吹かれた落ち葉たち私を導く運命ひとつの恋が終わりいつもの私に戻るここではないどこか眩しい季節次のピアスあけるように先の光かすかに射すよ次のピアス探しながら新しい何かを始めてみようラララ…ラララ…一枚の古い新聞紙何か言いたげに舞い上がったどんな楽しい過去だって未来へ連なる序章あなたと巡り逢ってやさしく傷つけられてそれ以上の愛に心が叫ぶ夢は
シュビデュバ フーウーシュビデュバ イェイ イェイ イェイ イェイシュビデュバ フーウーシュビデュバ イェイ イェイ イェイ イェイ イェイピンク色のセダンで迎えに来たボーイフレンドご近所さんが見てるわ派手な行動自粛してそう彼は (シュドゥビ シュドゥビ)変わり者 (シュドゥビ シュドゥビ)癖になるオンリーワン!爆発プロフェッサー髪の毛 チリチリ大声でしゃべるし前歯は欠けてる爆発プロフェッサー分厚
やるせない想いを鞄に詰め込んで飛び乗った夜汽車はささやかな僕の抵抗ガラス窓 映った孤独は星になり名も知らぬ街なら何かが変わる自由に生きることはなぜ難しいことだと言うのだろう?行き先がどこだか思い出せないようなもどかしい希望が旅の始まりやるせない想いはいつかの夢のせい膨らんだ風船現実を知って萎(しぼ)んだ頬杖つきながらうつらうつら眠りトンネルを抜ければ新たな世界溢れて止まらない涙は何を教えてくれるだ
西瓜BABY世界で一番好きだよ瑞々(みずみず)しい「その笑顔が好きだ」西瓜BABY眩しい太陽の下で「輝いた」君は真夏のマドンナ田舎道 ぽつんと屋根のあるバス停僕を迎えに来た幼なじみさ久しぶりの帰郷ノーメイクの君と変わらないすべてにほっとしてるんだ恋人はできたのか?冗談っぽく聞いたのは去年よりキレイだから西瓜BABY今まで気づかなかったよこの季節当たり前のようで…西瓜BABY懐かしい橋を渡って知らぬ
ほら希望の花が咲く心の片隅に…無理だと思ってほったらかしていたのにね夢のタネを埋めても全部 芽なんか出ないよみんな 一生懸命地味に努力していても…だから あきらめたくなるいっそ その方が楽だし…逃げる言い訳ばかりずっと 考えてた生きていてもいいことなくて拗ねるしかなかった今日まで…でも希望の花が咲くある時 突然に…苛立ち荒らした土の隙間にちゃんと…希望の花が咲く心の片隅に無理だと思ってほったらかし
軽蔑って言葉はいつも自分がそう 上から見てる僕は違うと馬鹿にしながら同(おんな)じ人間なのに何を蔑(さげす)んでるんだろう?いつも笑顔は強(こわ)ばっている教科書 机に立てるみたいにこっち側に 入るなよどんな愛も拒絶してしまうんだ不毛な夜に僕は生きるのが苦しくなるよ自分が神のようにこの世界を創る力もなく批判ばかりしてることなあ最低だろ?ジェラシーの長い鎖に誰もが身を繋がれながら一歩前には歩き出せな
Secret love guilty loveこのままずっとSecret love guilty loveendless…底の見えない沼のような 場所にひとりで待つ余裕のある微笑みからは 逃げられないのね華奢な指に光るあなたの 幸せの証そんな金属の首輪 早く捨てちゃえばいいのに…年の差なんて壁じゃない境遇なんて 関係ない 愛してるからいけない想いですか?きらきら 罪の花ぎらぎら 世間の冷たい視線を
掌(てのひら)は未来にも似ているいつの日かつかむもの 知っているからすべての自由が失われても喜びや悲しみは支配などされないアイサレルトイウコト人は1人じゃ生きて行けないアイサレルトイウコト誰かそばにいてよ掌(てのひら)が空っぽのままでも手の甲で涙なら拭えるでしょう空の太陽が忘れられてもいつか見た木洩れ日は記憶から消えないアイサレテイルダケデなぜか誰もがやさしくなれるアイサレテイルダケデ平和な明日(
コンビニがなくなった跡の国道の空き地古いワゴン車を止めて台風が近づいた海の波を確かめてサーフボード 下ろしながら…不安な顔で僕を見てるウェットスーツの君さ初めてだよね(心配しないで)僕たちのオフショア風を感じよう君のそばについててあげるから最高の場所まで連れて行きたいんだ見たことのない海からの景色人生が変わる瞬間さ水温はちょっと低いけどそのうちに慣れる2人パドリングしながら…少しずつバランスを取っ
静かに沈む夕陽眺めていた今 そっと 手を繋いでひとつの影が伸びるまで…こんなに好きになれて世界一 しあわせだよねふと思う悲しいこともすべてやさしい目であなたが聞いてくれるからギリシャの貨物船が過ぎてくほら 水平線を横切る影よコンテナで何を運んでるの?聞いて…愛を誰かと分けられるといいねこのまま 防波堤に二人並んで潮風に吹かれながらあなたの肩に凭(もた)れたい誰より大事な人出会えたのは偶然じゃない求
一昨日 留守電 入れたのにメールを何度も打ったのに連絡つかない凹み方いつものあなたらしくない私が落ち込むとすぐに駆けつけていつでも明るく「どうにかなるよ」って元気をくれるのはマイフレンド (マイフレンド)ハグしてあげる今度 会ったら泣いたって (いいよ)鼻水もOK私にくらい甘えちゃいなよ親友でしょう? (ずっと)誰にも言えないこと2人は鏡よお互い 自分のことのように…笑って 「私は 大丈夫」強がり
テーブルの上 無花果の実知らぬ間に熟れている甘い香りに誘われてもなぜか手を出せなくて…あなたのことをただ愛しただけで誰かを不幸にするならすぐに目を逸らして窓の光に救いを求めたでしょう愛を許して…フェルメールの手紙何が書かれていたのか何となくわかるの今の私には…たった一度の それが過ちとしても偶然の出会いに後悔はないMy destiny指で触れたら消えてしまう大切なものがあるそれならいっそ 瞳閉じて
波乗りかき氷あなたが好きなもの3つ目には私を好きになってね青い海を滑る得意げなボードが砂浜忘れてるよ大きく手を振ったのにまるで気づいていない自由なトビウオだねちょっぴり拗ねたふりして愛を裏返して背中でも灼こう誰か 手を貸してサンオイルを塗れないから波乗りかき氷あなたが好きなもの他の何か目に入らない波乗りかき氷あなたが好きなもの3つ目には私を好きになってね夏が終わる前に…やっと帰って来た濡れた髪のあ
WOW WOW WOW WOWWOW WOW 海鳴りよWOW WOW 泣かないで君のためならば悲しい夜でも僕は強くなるWOW WOW WOW灯台の灯りこの部屋の壁に決心を漏らすよWOW WOW WOW新しい道を行く君の背中押してあげよう瞳を閉じて今日までの日々愛し合ったこと覚えていて…瞳を閉じていつでも僕は君を想ってここにいるWOW WOW 愛しさはWOW
夢より長く君と話したい憧れのペラペラペラオいつものカフェでアルバイトしている君に夢中なんだ微笑みながらエスプレッソを運ぶ僕の天使君の前では心臓がバクバクし始めて僕は一言がやっと (ギブアップ)せいいっぱい夢より長く独り占めできるこの時間 続いて欲しい夢より長く君と話したい憧れのペラペラペラオ現実は無口な自分次の機会に今日の天気予報話振ってみようそれだけだって僕にしてみれば命懸けさ誰もどうして大好き
家のポストにある日届いた金の文字の厚い封筒幼なじみの女の子から突然 寿 招待状相手の名字でなぜか 私 ピンと来た嘘でしょ?びっくり高校のあの先輩 (あの先輩)元カレが結婚するってこんな日が来るとはね2年半つきあっていたこと内緒だったからまさか元カレが結婚するってリアクション どうすればいい?もちろん おめでたいけれど何だかショックだわ事情を何も知らないんだろうし欠席するのは悪いよね結婚披露宴でどう
白い羽根が手を振ってる風車僕が生まれ育ったこの街の目印スタートさ砂埃が立つ国道で古いトランクを横に置いて長距離バスを待ってた幼なじみの君はそばで「忘れものはないよね?」って何度も何度も聞いたよ空はどこまでも ずっと続いてる未来の風になりたいSomeday いつか君を迎えに来るよ大きな夢の何かかたちが見えたらだから今は寂しくてもここで遠い僕の背中をそっと押しながら待って欲しい見慣れたはずの風景が何だ
階段に座って背中を丸めているあなたに声掛けたいけど私には何ができるのだろう?どういう言葉で慰めようとしても本人にしかわからないプライドと痛みがあるから悲しみを共有したい愛する人の心のそばでこの手にあなたをただ抱きしめて流れる時間にこの身をまかせてずっとこうしながら少しずつ2人ひとつになって行くんだねこの世のすべてに見放されたって私があなたを絶対守ってあげるそんな思いでおでこをつけて風が過ぎるのを待
週末にキスをしようぜ!それまでお預け Not yet!地下鉄の駅 人混みの中背中を押されて切なくなるよそのぬくもりに思い出すんだ君は何をしてるのだろう?離れて暮らす僕たちの日々はビルボードの美女よそ見してもため息の風船膨らんでくよ破裂しそう世界中の恋人たちは会えない時間に愛を深める週末にキスをしようぜ!それまでお預け Not yet!君に走り寄り 腕の中で…週末にキスをしようぜ!平日の2人 Not
春の日の青空をいつまでも見上げていたこみ上げる感情をどうにか堪えながら…はしゃいでいた卒業式ふと みんな 黙ったね一人一人違う夢を見る僕らは今 別れの時ひらひら舞い上がる桜の花びらのようにひらひら未来へとここから歩き出そう先生を中心に集まってピースした青春の1ページを携帯に保存したよ季節が過ぎ大人になり微笑みを忘れたら…この写真をそっと開く度僕は強くなれるだろううるうる切なくて涙が溢れ止まらないう
星座を思い出そうと空を見上げていたらどこか知らない場所まで歩いて来てしまったきっと あなたを好きになり過ぎたからね自分のことが見えなくなってひとりぼっちになったんだ笑うがいいこんな私人が変わったみたいに…心 迷い 愛に悩み女の子しているよ笑うがいいこんな私今まで見たことなかった鏡の中化粧をして誰かが泣いているよ遠くで見守るだけで胸が軋むように上手く言えない何かが自然にこみ上げて来るんだ今のあなたと
素直になりたい緑の木々が風に揺れるように…真っ直ぐに心のままに僕は行く人の目を気にしていくつもの嘘をついて無理して生きて来た裸になれなくてみんなと同じ服をいつも 選んだよなぜだろう?後ろを振り向いた時僕の足跡だけがなかったんだどこにも素直になりたい僕は僕だと叫びたくなるよ地図にない分岐点から歩き出す自由を今 手に入れよう人の群れ 逸れて孤独な夜を過ごして青い月に泣いたそれでも夜明けはどんな暗い空も