遠い懐かしき景色 やさしい雪の薫り途切れ途切れの記憶を 紡いで道を探す狂い出した運命に 確かな目の前も何もかも見えない遠くて見えない 小さな灯火願うほどに 失うもの深い闇を 斬り裂いてく心は此処に在ると奏でる賛美歌 温かい涙零れ落ちる 生き行く限り天を仰ぐ 緋い瞳見つけた 明日への道歩き出す何時か誓った言葉が 鮮やかに甦る辿り触れ行く記憶は 棘の道しるし思い出した運命の 全てを受け入れた握る手は消
たたっとぅーん♪ とぅーん とぅーん♪たたっとぅーん♪ とぅーん とぅーん♪フー スー チー あい! あい!フー スー チー あい! あい!!まんま くしゅさい(ください)