二十五の自白 – Non Stop Rabbit

今は死ぬことよりも
何も残せない事の方が
ほんの少しだけど怖いから
今日も歩いていくよ

18歳の頃に飛び出した 僕はまだ未熟で
怖いものがないフリをしていた
夢を打ち明けるにかかった4年の月日と
心の臆病さは今も変わらない
二人に出会うまでにかけた5年の月日と
出会ってからの時間の流れは変わった

これからも一緒にいれるかな
その為の歌を歌おう

今は死ぬことよりも
何も残せない事の方が
ほんの少しだけど怖いから
僕ら繋いでいくよ

嘘つきで都合が悪いと逃げ出してたんだ
何かにつけて言い訳を考えてた
一番になったことが無い理由を探して
なりたくはない大人に近づいてた

もう少しだけ自分にも才能があればと
時には親のことさえも恨んでた
負けた数を気にしては踏み出す事すら
臆病になるあの頃と似ていた

誰も皆ボクの負けた数を
数えてもいないのにね

今は死ぬことよりも
誰もいなくなる事の方が
ほんの少しだけど怖いから
僕は歩いていくよ

勘違いだなんて言われたことを怒ってはいないよ
僕を誘いに二人で来たあの日忘れやしないよ
雨の中びしょ濡れで歌う君はダサくなんかないよ
今僕の目の前にいる人の為だけに歌うよ

でも生き抜くことは
時に苦しさ募らせるから
僕があなたの苦しみも
音の中に閉じ込めてくよ

今は死ぬことよりも
誰も救えない事の方が
ほんの少しだけど怖いから
僕が繋いでいくよ