あなたに私が必要なくても – Non Stop Rabbit

行かないで抱きしめて
アナタにとっては必要じゃなくなっても
いつかは君も
代わりになる人を見つけていくのかな

独りぼっち いつも通り
戻っただけ 騒いだだけ
傷痛いだけ 拭いたいだけ
忘れたい事を忘れたいだけ
いつも以上に本気になりすぎただけ
だね ただそれだけ
いつも通りなだけ ちょっと悲しいだけ
いつもより涙溢れてるだけ

あの思い出とその横顔が
こびりついて離れなくなっちゃった様で
あなたを好きな私でいさせて
昨日の様に

行かないで抱きしめて
アナタにとっては必要じゃなくなっても
いつかは君も
代わりになる人と笑い合うのかな

たまに言う事を聞かなくなるのは
アナタに構ってほしいだけ
愛されてる 愛し合えてる?
それをたまに確かめたいだけ
アナタが好きと言ってくれないのは
嫌いじゃないの分かってたよ
でもね でもね ワガママだよね
君からの「好き」を何より望んだ

待ち合わせ場所 アナタを探す
癖がついて離れなくなっちゃった様で
昨日と同じ私でいさせて
明日もまた

行かないで抱きしめて
アナタにとってはもう他人の私でも
いつかは君を
忘れられるようにするよ

愛をいつだって
いつだって いつだって いつだって
閉じ込めてきたんだ 最後のはずだった
いつだって いつだって
君だって 君だって
愛してると言ってくれてたから

行かないで抱きしめて
アナタにとっては必要じゃなくなっても
それでも私は
アナタの代わりなど見つけたくないの

行かないで抱きしめて
アナタにとってはもう他人の私でも
いつかは君を
忘れられるようになるの?

愛をいつだって
いつだって いつだって いつだって
閉じ込めてきたんだ 最後のはずだった
いつだって いつだって
君だって 君だって
愛してると言ってくれてたから